« いきなりエラーを喰らった | トップページ | 人工生命は核廃棄物の夢を見るか »

2010/05/26

口蹄疫と環境倫理、金星探査

口蹄疫にかかっても、牛や豚は死なない。
しかし、口蹄疫ウイルスに感染した牛や豚は肉質が落ちるので商品にならず、またウイルスの発生源となるため、殺処分するしかないのだそうだ。

直るまで待つ、という選択肢はないのだろうか。
口蹄疫にかかりにくい、あるいは回復が早くウイルスをまき散らさないような牛や豚の品種を育成することはできないのだろうか。
殺処分を続けていると、ウイルスと闘って勝ち残る個体を発見することは難しいのではないか。

感染区域内では、生まれたばかりの子豚や子牛も、殺処分の対象である。
生まれてすぐに殺される運命にある生命。

まぁ、感染区域外であっても、いずれ殺されて食肉になる運命なのだけどね。
食肉になるのであれば、何となく命を全うしたように思ってしまうのはなぜだろう?

なんてことを考えていて、環境倫理学の本で読んだ「菜食主義者が肉食を批判する理由」を思い出した。
人間の生得的な権利の考え方を拡張して、動物にも不当に殺されない権利を認めようというものだ。
菜食でも死ぬことのない人間が、贅沢として肉を食うことは、食われる動物にとっては不当に殺されることになるのだそうだ。
※オオカミがシカを食べることは、オオカミにとって贅沢ではないので、シカにとって不当なことではないことになる。

ちなみに、寺田寅彦は随筆「芝刈り」の中で普通選挙推進論者になぜ家畜に同様の権利を与えないのかと尋ねて顰蹙を買ったと書いている。
寺田寅彦は、絶対に「早く生まれすぎた」人だと思う。

それはさておき、口蹄疫ウイルスのような病原体、その病原体が寄生する家畜、その家畜が食べる飼料作物……というように、ヒトの生活のために必要な生物学的な環境は、制御するのがとても難しい。
家畜の疫病や天候が食料生産に影響を及ぼすこと、ちょっとやそっとの技術革新や政治的運用では食糧問題は解決できないことを思い知らされるような出来事が、最近立て続けのように思う。

病原菌や天候に左右されない農業生産、というと、作物工場のような人工環境が、まず思い浮かぶ。
人工環境とは言っても、周囲の環境から完全に遮断されているわけではないから病原菌や害虫の侵入はあり得るし、太陽代わりのLED照明は電力供給に左右される。
完全に自然環境から隔絶した人工的な農場を作ろうと思ったら、やっぱり宇宙に出るしかないのかなぁ。

だが、宇宙というのはそもそも生命に対して敵対的な環境である。
太陽系の惑星で適当な温度を維持できる軌道を回っているのは、金星・地球・火星の三つだけ。
日本の惑星探査機「あかつき」が向かった金星は、厚い雲に覆われているせいで温室効果が暴走して灼熱地獄。
火星は大気が薄いせいで温室効果が足りなくて寒冷地獄。
地球軌道付近にスペースコロニーを作るには、放射線からの防御が重要になる。
スペースコロニー内では微生物がどんどん突然変異して、生態系が破壊される、なんていう話がブルース・スターリングの『スキズマトリックス』になかったっけ。

もちろん、地球にとどまっていれば安全、というわけでもない。
地球温暖化の原因と対策すら、まだはっきりと確定していない。
地球上でずっと暮らし続けたいなら、地球環境と、地球以外の環境についてももっと知る必要がある。

いやホント、人間同士戦争なんてやっているヒマはないんだけどね。

|

« いきなりエラーを喰らった | トップページ | 人工生命は核廃棄物の夢を見るか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫と環境倫理、金星探査:

« いきなりエラーを喰らった | トップページ | 人工生命は核廃棄物の夢を見るか »