« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/26

口蹄疫と環境倫理、金星探査

口蹄疫にかかっても、牛や豚は死なない。
しかし、口蹄疫ウイルスに感染した牛や豚は肉質が落ちるので商品にならず、またウイルスの発生源となるため、殺処分するしかないのだそうだ。

直るまで待つ、という選択肢はないのだろうか。
口蹄疫にかかりにくい、あるいは回復が早くウイルスをまき散らさないような牛や豚の品種を育成することはできないのだろうか。
殺処分を続けていると、ウイルスと闘って勝ち残る個体を発見することは難しいのではないか。

感染区域内では、生まれたばかりの子豚や子牛も、殺処分の対象である。
生まれてすぐに殺される運命にある生命。

まぁ、感染区域外であっても、いずれ殺されて食肉になる運命なのだけどね。
食肉になるのであれば、何となく命を全うしたように思ってしまうのはなぜだろう?

なんてことを考えていて、環境倫理学の本で読んだ「菜食主義者が肉食を批判する理由」を思い出した。
人間の生得的な権利の考え方を拡張して、動物にも不当に殺されない権利を認めようというものだ。
菜食でも死ぬことのない人間が、贅沢として肉を食うことは、食われる動物にとっては不当に殺されることになるのだそうだ。
※オオカミがシカを食べることは、オオカミにとって贅沢ではないので、シカにとって不当なことではないことになる。

ちなみに、寺田寅彦は随筆「芝刈り」の中で普通選挙推進論者になぜ家畜に同様の権利を与えないのかと尋ねて顰蹙を買ったと書いている。
寺田寅彦は、絶対に「早く生まれすぎた」人だと思う。

それはさておき、口蹄疫ウイルスのような病原体、その病原体が寄生する家畜、その家畜が食べる飼料作物……というように、ヒトの生活のために必要な生物学的な環境は、制御するのがとても難しい。
家畜の疫病や天候が食料生産に影響を及ぼすこと、ちょっとやそっとの技術革新や政治的運用では食糧問題は解決できないことを思い知らされるような出来事が、最近立て続けのように思う。

病原菌や天候に左右されない農業生産、というと、作物工場のような人工環境が、まず思い浮かぶ。
人工環境とは言っても、周囲の環境から完全に遮断されているわけではないから病原菌や害虫の侵入はあり得るし、太陽代わりのLED照明は電力供給に左右される。
完全に自然環境から隔絶した人工的な農場を作ろうと思ったら、やっぱり宇宙に出るしかないのかなぁ。

だが、宇宙というのはそもそも生命に対して敵対的な環境である。
太陽系の惑星で適当な温度を維持できる軌道を回っているのは、金星・地球・火星の三つだけ。
日本の惑星探査機「あかつき」が向かった金星は、厚い雲に覆われているせいで温室効果が暴走して灼熱地獄。
火星は大気が薄いせいで温室効果が足りなくて寒冷地獄。
地球軌道付近にスペースコロニーを作るには、放射線からの防御が重要になる。
スペースコロニー内では微生物がどんどん突然変異して、生態系が破壊される、なんていう話がブルース・スターリングの『スキズマトリックス』になかったっけ。

もちろん、地球にとどまっていれば安全、というわけでもない。
地球温暖化の原因と対策すら、まだはっきりと確定していない。
地球上でずっと暮らし続けたいなら、地球環境と、地球以外の環境についてももっと知る必要がある。

いやホント、人間同士戦争なんてやっているヒマはないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

いきなりエラーを喰らった

午後、新しいノートPC(HP Pavilion dv6)のセットアップの続き。
ホームページを設定したり、秀丸エディタをセットアップしたり……。
ちなみに、ホームページというのは、ブラウザを起動したときに最初に表示されるページのことである。

昨日もそうだったが、Windows 7 のアップデートが頻繁だ。
シャットダウンするとき、電源が切れる前に更新のダウンロードが走った。

夕食までの間にもう少しセットアップを続けようとしてログオン……しようとしたら、エラーを喰らった。
ユーザープロファイルが見つからない、というメッセージが出てログオンできない。
管理者アカウントなので、打つ手がない。

仕方ないので、NECのノートPCを隣に置いて、マイクロソフトのサポートフォーラムを検索。
同じ問題に関する書き込みがいっぱいヒットした。
原因はユーザープロファイルの破損。
対策は、新しいユーザープロファイルの作成。

……そんなにしょっちゅう壊れて良いのだろうか?
壊れた原因が、Windows の更新だとしたら、これはとても困ったことではないのか?

それはともかく、セーフモードで起動して(「Windows を起動しています」が表示される前に [F8] キーを押す)、コマンドプロンプトを開く([ファイル名を指定して実行] で「cmd」と打ち込む)。
コマンドプロンプトで、次のように入力する。

net NewUserName /add

「NewUserName」は新しく作成するユーザ名である。
続いて、新しいユーザに管理者権限を与える。

net Localgroup Administrators NewUserName /add

これで再起動すれば、新しい、管理者権限を持ったユーザアカウントができている。
その後、壊れたユーザアカウントから適宜設定をコピーする。

よく考えてみると、セーフモード起動やコマンドプロンプトの扱いが解っていれば、管理者権限のアカウントを作って PC を乗っ取ることなんか容易だねぇ。
もちろん、OS が「Home」エディションだからできることで、「Professional」エディションだと不可能だけどね。

今日はその後、プリンタが紙詰まりを起こしたり、プリインストールされている Office 2007 の認証に手間取ったりと、けっこうてこずった。
まぁ、PC 導入直後はいろいろあるものだが、いろいろあると挫折しちゃう人もいるだろうなぁ。

いやはや、PCが各家庭に普及してはいるが、まだまだ家電とは言いづらいよねぇ。
……って、同じことを前にも書いたなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/22

草刈りとセットアップ

2010年05月22日、今年第1回目の草刈り機を使った自宅の庭の草刈り。

じつは先々週の週末、草刈りをしようと BOSCH の草刈り機にバッテリーをセットしてスイッチを入れたところ、すぐにパワーダウン。
30分急速充電できる Ni-Cd(ニッケルカドミウム)バッテリーだが、5分ほどで充電完了のサインが出たので、変だなぁと思っていたのだが、やっぱり。
その日は草刈り機は諦めて、草の長いところだけ鎌で刈っておいた。

翌週(つまり先週)、もう一度充電してみたが、やはり駄目。
起電力が14.4V あるはずなのに、テスターで測ってみると 6V ほどしかない。
これはバッテリーが駄目になったのだろうと判断。
バッテリーの値段を調べたところ、1万円近い。
電源コードを引っ張るタイプの電動草刈り機なら、新品が買えてしまう。

ちょっと悩んだが、草刈り機本体に問題がないため、バッテリーだけ買うことにした。
近所のホームセンターに在庫がなく、取り寄せてもらった。

今朝、ホームセンターへバッテリーを取りに行った。
日中は洗濯物を干してあるため草刈りができないので、その間に水曜に到着したノート PC のセットアップを行った。
HP(ヒューレット・パッカード)のネットショップで、キャンペーンモデルにメモリを追加したものだ。

リチウムイオンバッテリーをセットして起動、まず管理者アカウントを作成。
コンピュータ名を決め、無線 LAN 接続して Windows アップデート。
このときの無線 LAN は、Windows デフォルトのもので、アクセスポイントの MAC アドレスやセキュリティキーを調べておく必要がある。
ここで、別の PC を起動する必要があったわけだが。

無線 LAN を AOSS で設定し直して、ウイルスバスターをセットアップ。
ノートンの試用版がプリインストールされていたが、個人的にシマンテック製品では怖い思いをしているので削除。
その後、ネットワークドライブを使えるようにしたり、プリンタのセットアップをしたり。

そうこうするうちに陽が傾いてきたので洗濯物を取り込み、草刈りに取りかかった。

ワシが庭に出ると、こんがついてきた。
こんが庭に出てくるだけなら良いのだが、刈られて飛び散る草が気になるのか、草刈り機に寄ってくるのは困る。
おまけに刈った草を積んだところにオシッコをするのはやめて欲しい。

あやうくアマガエルをちょん切りそうになったり、ものすごい勢いでカナヘビが逃げて行ったり、草刈りは(庭の動物たちにとって)スリリングである。
寺田寅彦は随筆「芝刈り」の中で、芝の中で平和に暮らす虫たちにとって、芝刈りバサミは神のふるう大鎌のようなものではないかと述べている。

ワシが振り回すデウス・エキス・マキナ(機械仕掛けの神)もまた、庭の生態系に変化をもたらす。
変化に耐えられないものは死ぬ。
しかし新しい環境を好むものにとっては楽園となる。
ワシが何をしようがしまいが、環境は変化するものであるから、ワシが何をすべきか(しないべきか)悩む必要はない。

さて、明日は天気が悪いらしいので、PC 環境整備の続きをすることになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/11

ポメラに欲しい機能(2)

ポメラを買って2ヶ月。
その間に、シャープから携帯端末の新製品が出たり、iPad の日本での発売日が発表されたり。
まぁ、ポメラはネット端末とはスタンスが全く異なるので、比較することはないが。
近い将来、2秒で起動し、乾電池で20時間駆動できる、ハードウェアキーボード付きの携帯端末が出てきたら、そのときは老朽化したポメラとサヨナラするだろうけどね。

さて、ほぼ毎日使っているので、「こんな機能があったらなぁ」と思うこともしばしばある。
「ポメラを選択した理由」(2010/03/15)
http://m-shi.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-a3d5.html
には、次のような機能が欲しいと書いた。
>字数・行数表示
>電卓機能
>マルチタスク
>複数ファイルの一括検索(GREP)

以下、その続きである。

ビューア機能。
ポメラのディスプレイを開くと、畳まれたキーボードの背面が現れる。
そのキーボードを開き、さらにキーボードの右上端の電源スイッチを押してポメラを起動する。
逆に言うと、キーボードを開かないとポメラを使えない。
「ちょっと今日の予定を確認しようかな」という時も、キーボードをパタパタと開かなくてはならないのは、ちと不便である。
そこで、ポメラのディスプレイの横か畳まれたキーボードの背面に電源ボタンとカーソルキー(またはポインティングデバイス)と[Enter]キーと[Esc]キーがあり、キーボードを畳んだままファイルの閲覧ができればいいのに、と思う。

日付メモの前日・翌日移動機能。
日付メモを開くには、カレンダー機能でカーソルキーを用いて日付を選択して[Enter]キーを押す。
別の日付のメモを見るには、一度[Esc]キーを押してメモを閉じ、カレンダーから日付を選択しなおさなくてはならない。
これが少し面倒くさい。
そこで、ある日付のメモを開いているとき、ファンクションキーで前日や翌日に移動できれば良いなぁ、と考えた。
例えば、「今日」のメモを開いているとき、[F2]キーを押すと「明日」のメモが開くようにする。
このとき、「今日」のメモが保存されていなければ、保存→移動というアクションとなるだろう。

辞書機能。
やっぱり、国語辞典と和英・英和辞典があると便利かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/07

連休?の過ごし方

4月29日(祝)出社
4月30日(金)出社
5月1日(土)午前:買い出し。午後:引退PC片付け。
5月2日(日)午前:掃除。午後:義父PCサポート。夕方:葬式。
5月3日(祝)出社
5月4日(祝)午前:こんのシャンプー。午後:休息と草むしり。マツバウンランについて調査。夜:冷しゃぶでビール。
5月5日(祝)午前:掃除。午後:DVDに撮っておいた映画『アイ・アム・レジェンド』を鑑賞した後、こんの相手をしながら草むしり。夜:庭のタラの芽とカキの葉の天ぷらでビール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »