« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/28

津波警報の一日

2月27日15時34分頃、チリ中部沿岸で発生したマグニチュード 8.6 の地震は、日本の沿岸にも津波をもたらした。
幸いにして、大きな被害がなかったようで良かった。

朝、津波警報発令のニュースを見ていたとき、下のムスメが聞いてきた。

「どうして波が地球の反対側まで届くんだろう?」

津波は「ソリトン」である。
一定の速度で進行し、運動量を維持している波である。

縄跳びの縄や、掃除機のコードの一端を軽く上下に一度振ってみよう。
一つの波ができ、その波が一定の速度で反対端へと進んで行く。

縄を上下に振ることが海底で発生した地震に相当する。
大きさを(あまり)変えずに進んでいく波が、津波である。

実際の津波は非常に波長の長い波で、100キロメートルを超えるものもあるらしい。
普通の波(風浪)の波長は数百メートル程度だそうだから、津波はものすごくゆるやかな波である。
そのため、津波は怖いのである。

チリで発生した津波は、ハワイで1m程度、なのに日本での予報は3m。
なぜかというと、ハワイは深い海底から突き出した火山島であるのに対して、日本は大陸の縁にあって浅い沿岸部を持ち、しかも海岸の地形が入り組んでいるからだ。

そして、海岸にぶち当たったとき、短波長の波のように砕けず、障害物を乗り越えて流れて行く。
インド洋津波のときの映像を見ると、津波はまるで洪水のように、木や車や人を押し流して行く膨大な量の川のようだった。

津波は浅い海底で反射して盛り上がり、速度を落とすと後続の波に追いつかれて高さが増す。
そのため、第二波、第三波のほうが高くなり被害が増すのだそうだ。

だのに、津波警報の出ていた沼津の千本浜海岸では、高さ30cmの第一波到着後、見物する人がたくさん居た。
いや、ワシは見物しに行ったわけではない。
国土交通省沼津河川国道事務所のライブカメラで見たのだ。

今日は午前中は家の掃除や片付け、午後は自治会の仕事などで忙しく過ごした。
その合間にライブカメラを見ていたら、まぁ、たくさんの人が千本浜海岸の堤防の上を散歩したり、海を見ていたりするではないか。

ダメだよぉ。
結果的に数十cmの津波だったとしても、津波を舐めちゃ。
波っていうのは、重ね合わせによって思わぬ高さになったりするのだから。

……ということを考えていて思い当たったのだが、最近の中学や高校の理科では、波(波動)についてはほとんど何も習わないのではないか?
ホイヘンスの原理とか重ね合わせとか干渉とか、まったく知らずに大人になっちゃって良いのだろうか?

そういえば今回、津波の到達予想時刻を見ていて気付いたことがある。
チリからの津波は、ほとんど東の方角から来るのだ。
メルカトル図法やモロワイデ図法の世界地図を見ると、チリは南東に思える。

そこで地球儀を取り出して、日本から東へ東へと地球の曲面に沿って進むと、チリに至るのだ。
正距方位図法の地図(東京中心の航空路など)を見てみると良い。

……というわけで、自然災害に向き合うには、社会の要素も知っていないと困る。
リアス式海岸とか大陸東岸の地形とか……。

理科・社会を知らないと、死ぬようなことになるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/26

啓蟄一週間前

残業して帰ってから、雨の中、散歩に出かけた。
ワシは雨の中の散歩などしたくないのだが、こんが行くというので仕方がない。

雨の公園を一周していると、小さな流れ込みから「ゲッゲッ」という声がした。
ヒキガエルである。
昨年同様、啓蟄の一週間前に冬眠から一時的に起き出して、産卵しているのだ。

2010年の啓蟄は3月6日である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不可能図形を描いてみた

ペンローズの三角形と呼ばれる不可能図形を描いてみた。


ペンローズの三角形


ペンローズの三角形という、実際にはありえない立体図形がある。
こういうものだ。


Imp_1


2次元(平面)に描くことはできるが、実際に3次元で組み立てることはできない。
レゴのようなブロックで組んだことを考えると、次のようになるはずだが、一つの面をたどっていくと、絶対にありえない角度でつながっていることがわかる。


Imp_1b


ふつうにブロックを組めば、次のように四角形になるはずだ(模型を斜め下から見上げたようすと思っていただきたい)。


Pos_1b


ちなみにペンローズの三角形は、次のような部品を120°ずつ回転させて組み合わせて作る(描く)ことができる。


Imp_1p


なお、ペンローズの三角形は正三角形の方眼紙があると簡単に描ける。
Adobe Illustrator などの図形描画ソフトがあれば、正三角形のグリッドを作っておけばよい。
次の図は、上の部品が正三角形から構成されていることを示したものである。


Imp_1pt


ペンローズの三角形を組み合わせてみる


ペンローズの三角形を描いているうち、これを二つ組み合わせたら、さらにありえない図形になるのではないか、と思った。


コピーを 180°回転させて、一部が重なっているように描いてみた。


Imp_2


しかし上の図では、輪郭線が重なってしまって、イマイチ面白くない。
そこで、次のような細いペンローズの三角形を用意して、これを組み合わせてみた。


Imp_1s


Imp_2s


ちゃんと組み合っているようでいて、奥行きがキャンセルされてしまって、じつに気持ち悪くて面白い。


ペンローズのダビデの星


二つのペンローズの三角形を、さらに近づけてみる。


Imp_3s


ダビデの星、または六芒星(ヘキサグラム)と呼ばれる図形の不可能版ができた。


これを、最初の太いペンローズの三角形で作ると、次のようになる。


Imp_3


上の図形は、次のような部品を 60°ずつ回転させて組み合わせて作ることができる。


Imp_3p

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/24

こんの「おなかなでて」攻撃

今日はなんでこんなにだるいのだろう。花粉は鼻でブロックしているし、くしゃみも出ないのだが。
春霞の陽気のせいかなぁ。外で昼寝したら気持ち良さそうだが、スギ花粉が……。

 

などと考えていて思い出した。今朝2時に叩き起こされて、3時近くまで眠れなかったのだ。

 

こんに、文字通り叩き起こされたのである。

 

昨晩から何やら腹の調子が悪いらしく、散歩のあと夕食も食べずに二階の寝室に上がっていた。
とくに苦しそうにしていたわけではないが、きゅるる、ぐるる、と腹が鳴っていた。

 

枕元に座ったこんに頭を叩かれて、もう朝か、と飛び起きたら2時だった。

 

庭へ出してやると、草を食った後、部屋へ戻ってから「おなかなでて」ときた。
部屋をあたたかくして30分くらいなでてやったら、腹の鳴動は収まったらしく、勝手に寝室に上がって行ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/18

雪が降った

朝起きると、めずらしく雪が降っていた。

大粒のぼたん雪が降る中、こんと散歩に出かけた。
アスファルトの路面に落ちた雪はすぐに融けるが、草や土の上はうっすらと積もる。

あとからあとから降ってくる雪を見ていると、なんとなく哀しい気分になる。

なぜ哀しい気分になるんだろうと、こんにリードを引っ張られながら考えた。

降る雪を見ながら思い出すことは、哀しかったこと、辛かったことばかりではない。
楽しかったこともいろいろと思い出す。

……ひょっとすると、楽しかったことと哀しかったことの落差を思うと哀しい気分になるのだろうか。

通勤のころまでに雪は上がり、麓まで真っ白に雪化粧していた愛鷹山も、昼ごろには昨日までの姿に戻っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/12

立松和平さん死去

立松和平さんが亡くなった。
享年62歳。
人生の定年にしては若過ぎないか。
自分が62歳までしか生きられないとわかったら、ワシならどうするだろう、などとふと考えた。

さて、立松和平さんの著作は『砂糖キビ畑のまれびと』くらいしか読んでいない。
ワシは現代文学とは縁遠くて、SFとミステリーとコメディーとノンフィクションしか読まないからなぁ……。

直接の面識はないけれど、立松和平さんとは何度か偶然に接近遭遇している。

ニホンカモシカの調査のため足尾に行ったとき、
「昨日立松和平さんが来て、苗木を植えて行ったよ」
なんて話を地元の人に聞いたことがある。

足尾は銅山の精錬所から排出されていた亜硫酸ガスのために、山が荒廃している。
立松さんは緑化に協力するため、仲間を募って苗木を植えていたのである。

Pb244030s

足尾の山の奥から町のほうを眺めていると、山の麓に人が集まって、やがて山に登って苗を植える様子を何度か見た。
上の写真で、中央右側に黒っぽく影になっている山の左斜面のあたりだ。

きっと、その中の一人が立松さんだったのであろう。

……よく考えたら、「接近」でも「遭遇」でもないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

ジョウビタキの写真を撮った

今日はコンポストを買ってきて、昨日用意しておいた場所に設置。

年末に剪定した枝を庭の隅に積んでおいたので、コンポストに詰め込んだ。

P2074814s

枝を取り除けたところに虫でもいるのだろうか。
ジョウビタキがやってきた。

全然逃げないので(こんが近くに居ても逃げない)、写真を撮った。

P2074829s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/06

光の春

一昨日、妙に弱気な記事を書いたのは、連日良い天気でこんな風景が望めたからである(プライバシー保護のため(?)前景にモザイクをかけてある)。

P20100205ss

愛鷹山のブナ林の林床は雪に覆われているし、箱根の稜線の笹原も雪の下のようだ。

……という風景に背を向けて、今日は庭のコンポスト(生ゴミ堆肥化容器)を移設。
コンポスト2個では、剪定した庭の木の枝や草を処理しきれないので、明日もう1個買ってこようと思っている。
そのもう1個を置く場所を作るため、既存の1個を1メートルほど移動したのだ。

こう書くと簡単だが、実際にはかなり汗をかいた。

まず、新設予定地点に古い物干し台(土台のコンクリート)があるので、それを移動。
ラティスフェンスの下からこんが脱走するのを防ぐための障害物にしてあるので、取り除けば良いというわけではない。
数メートルはなれたところの平たい石と位置を入れ替えた。
もちろん、抱えて歩いたりすると腰を痛めるに決まっているので、転がすようにして移動。

新設予定地点の面積の80%くらいを古いコンポストが占めているので、その古いコンポストを移動。
古いといっても現役で、庭の草などを堆肥化している途中である。
コンポスト容器そのものを上へ引き上げると、堆肥が残った。
下50cmくらいは土になっているが、上20cmくらいは枯れ草の状態。
土になっている部分はプランターなどに分けて、枯れ草の部分は移動後のコンポストに戻した。

新設予定地点の土をならしておいたら、ジョウビタキがやってきた。
やわらかい土がむき出しになっているので、虫でもいるかと見に来たのだろう。

銀色の頭と橙色の腹。黒い羽に白い紋。黒い顔につぶらな瞳。
オスのジョウビタキは華麗で可憐だが、行動はオマヌケである。
ほんの2~3メートルのところにワシが立っているのに、平気でコンポストの上にとまったり、土をつついたり。
つられてやってきたメジロは、びっくりしてすぐに飛び去っていくのに……。

半分日蔭なのでうまく写真が撮れないので、芝生の上に座り込んで眺めていた。
すると、こんが横に寄って来て、腹をなでろという(ワシの肩を前足でかくのである)。

2月は光の春。
気付けば立春も過ぎている(子供が大きくなると豆まきをしなくなるので、節分を過ぎたという実感がないのだ)。
風は冷たいが、日なたは暖かい。
こんの腹をなでているうち、ジョウビタキはどこかへ飛び去っていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/04

雪を頂いた山々

通勤途上の車窓から、また会社の窓から、雪を頂いた愛鷹山や箱根、静岡山梨県境の山々が見える。

仕事を放り出して雪を踏んで歩きたいなぁ、などと思ったが、いまの体力と精神状態では、危ないのでやめておこう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/02

午後、葬儀の手伝いに行く

散歩のときなどに出会うとこんを可愛がってくれた近所の方が、一昨日に亡くなった。
享年65歳、心筋梗塞だと聞いた。
亡くなる直前まで元気で、よく大きな雑種犬を連れて散歩されていた。

生きているということは、いつか死ぬということだが、あらかじめ死ぬ場所や死に方を選べれば良いのに、とふと思った。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臭いものにフタをする袋

先週土曜の夜、こんが布団の上で吐いて大騒ぎになった。

 

まぁ、イヌはよく吐くものだし、今回のこんも庭の草を食べて吐いたので、吐いたことそのものは問題ではない。

 

問題は、その臭いである。

 

布団にかけていた布、布団のカバー、さらには布団本体まで胆汁色素の色が付き、臭った。

 

さらに、こん自身も脚や腹に吐瀉物が付いてしまって、臭うのである。

 

それなのに、食卓の下に潜り込んで「腹をなでて」とひっくりかえる。
臭いがぷーんと立ち上る。

 

そのとき考えたこと。
ほんのちょっと付着しただけでこんなに臭うのに、腹の中に入っているときには外に漏れてこないなんて、動物の体というものは、ものすごく優れた「臭いものを入れる袋」である。

 

散歩に出かけて用足しをしたとき糞をポリ袋に入れて持ち帰るのだが、袋の口をしっかり結んでも、臭いが漏れる(「イヌを飼う覚悟」参照)。
ところが、腹の中に入っている糞は、臭わない。
もちろん、時折フタが開いてガスが漏れてくることがあるが。

 

胃と食堂の境目の部分にある噴門や、肛門はとても優秀な「臭いものにするフタ」なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »