« ハーブを剪定した | トップページ | 大晦(おおつごもり)と儀式 »

2009/12/15

ふたご座流星群を見た

昨晩、風呂から上がって居間に行くとPCに向かっていたムスメが「おやじ、いま流星群見られるの知ってる?」と言った。
そういえば、ふたご座流星群の時期である。

寝る前の午前0時過ぎ、歯ブラシをくわえたまま、玄関先に出てみた。
オリオンがくっきりだなぁと見上げたとき、右目の視野の隅を光が横切った。

いきなりか?
いや、眼鏡の縁で反射した街灯の光かも知れない。

そこで、しばらくぼーっとオリオン座のほうを眺めることにした。

サンダルをつっかけただけの足から、へたったフリースジャケットを引っかけた肩のあたりから、冷気が凍みて来る。

もう限界かな、と思い始めたころ、大きな流星が頭上近くを横切った。

わずか5分ほどのうちに、確実に1個の流星を見られたのだから、流星群は凄いねぇ。
5分に1個が平均的な観測数なら、1時間に12個だ。
1個なら「群」じゃないだろ、というツッコミがありそうだが、2個かも知れないし。
5分に2個なら、1時間に24個見当か。

|

« ハーブを剪定した | トップページ | 大晦(おおつごもり)と儀式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたご座流星群を見た:

« ハーブを剪定した | トップページ | 大晦(おおつごもり)と儀式 »