« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

大晦(おおつごもり)と儀式

昨日から年末年始の休みに入った。
買出しに出たりしたが、まぁ、どこも店は混んでいること。

今年の1月2日に「正月の意味」について考えた。
結論:自然科学的には、何の意味もない。

ところが、2010年1月1日には、日本の歴史始まって以来、初めてという出来事があるそうだ。
午前4時ごろ部分月食が起こるのだ。

江戸時代までは太陰太陽暦だったから、元旦は「立春の後、雨水前後の新月の日」なので、月食になりえない。

……えーと、月食は太陽と月の間に地球が入って起こる現象、ってことは皆さんご理解いただいているよね?
いっぽう新月のとき、地球から見ると太陽と月は同じ方角にあるから、日食になることはあっても月食にはなりえないのである。
このあたり、小学校の理科の知識なのだが、大学を出ていても怪しい人がいて、ときたま愕然とするので、念のため補足しておく。

さて、明治以降、1月1日が満月になる「機会」ができたわけだが、これまで1月1日が満月で、しかも月が地球の影に入り込むことが、一度もなかった、というわけだ。

こういう話は、「へー」とは思うが、よく考えたら、何の意味もない。
太陰太陽暦から太陽暦に切り替えたから起こる現象(というか、状況)なのであって、自然現象そのものではないし(月食そのものは面白いんだけどね)。
だいいち、正月そのものには自然科学的に何の意味もないのだから、まぁ、いわば詩的感傷みたいなもんである。

もちろん、面白がる人をけなす意図があってこういうことを書いているわけではない。
何事にも意味があると思っちゃダメだよ、と言いたいだけである。
意味があるように装っていて、さも一大事のように扱われていても、じつは何も意味がないことって、たくさんあるのだ。
そこのところで騙されちゃうと、(約)70年前の戦争のようになってしまうからね。

だから、何事も斜に構えて、意味があるのかどうか考えてみる、ということは大切だと思う。
その上で、自分と違う意見の人ともニコニコと付き合う、というのが理想である。

ところで、精神疾患の一つに強迫性障害(強迫神経症)というものがある。
自分でもバカバカしいと思いながらも頭から離れない強迫観念、強迫観念に駆られて繰り返してしまう強迫行為がその特徴である。
例えば、店の駐車場に車をとめた後、店に入ろうとしたところで車の鍵をロックしたかどうか気になり、「必ず」車まで戻って確認する、とか。

これが気になりすぎて、何度も何度も駐車場に戻り、本来の目的である買い物ができなくなるようだと、治療の必要な強迫性障害となる。
程度の軽い強迫観念や強迫行為は、誰にも見られるものなのだ。
じつは、この例に挙げた行動はワシがしょっちゅうとる行動である。
ほかに、布団に入ってからガスの元栓を締めたか気になって起き出す、なんてこともある。
皆さんの強迫行為にはどんなものがあるだろう?

さてさて、強迫行為の手順が固定化してしまった場合、それを「儀式」と呼ぶ。
(重度の)強迫性障害の場合、右足から踏み出さないと道路を渡れないとか、ドアの取っ手は消毒してからでないと触れない、とか……。

じつは、正月を祝うというのも精神医学で言う「儀式」にあたるらしい(もちろん、程度が軽いものであるが)。

紅白歌合戦を観ないと年を越した気がしないとか、初詣に行かないと新年を迎えた気がしないとか、そういうことも、心の病気なのかも知れない。

……ということで、「正月はただの長い休み、朝から酒を飲んで旨いものを食ってよいだけの休日に過ぎない」とほざくワシを変人と思ってはいけないのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

ふたご座流星群を見た

昨晩、風呂から上がって居間に行くとPCに向かっていたムスメが「おやじ、いま流星群見られるの知ってる?」と言った。
そういえば、ふたご座流星群の時期である。

寝る前の午前0時過ぎ、歯ブラシをくわえたまま、玄関先に出てみた。
オリオンがくっきりだなぁと見上げたとき、右目の視野の隅を光が横切った。

いきなりか?
いや、眼鏡の縁で反射した街灯の光かも知れない。

そこで、しばらくぼーっとオリオン座のほうを眺めることにした。

サンダルをつっかけただけの足から、へたったフリースジャケットを引っかけた肩のあたりから、冷気が凍みて来る。

もう限界かな、と思い始めたころ、大きな流星が頭上近くを横切った。

わずか5分ほどのうちに、確実に1個の流星を見られたのだから、流星群は凄いねぇ。
5分に1個が平均的な観測数なら、1時間に12個だ。
1個なら「群」じゃないだろ、というツッコミがありそうだが、2個かも知れないし。
5分に2個なら、1時間に24個見当か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/14

ハーブを剪定した

日曜日にローズマリーやローズゼラニウムやルーの剪定をした。

ハーブの枝を払うなんて冗談のようだが、こいつらは地上30cm以上のところに葉や芽をつけたまま越冬するので、草というより立派な木ではなかろうか。

じつは、ローズマリーは「低木」で、ローズゼラニウムやルーは「多年草」というべきだろう。
ローズマリーの「茎」は木化するが、ローズゼラニウムやルーの茎は、柔らかいままだからだ。

それにしても、ローズゼラニウムなんか、あまりに茂っているので途中で嫌になり、もう少し霜枯れてから刈り込むことにした。
ハーブはもともと、草食動物にとっては毒だからか、勢いが良すぎるのである。
みんな外来種だしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/04

架空請求が来た

昨日の昼前、次のようなメールがワシの携帯電話に着信した。
無題で、発信元のメールアドレスはドコモの携帯メールであった。
----


この度、お客様がご使用の携帯端末より以前ご登録頂いた(総合情報サイト)から無料期間中に退会処理がされてない為に、登録料金が発生し現状未払いとなった状態のまま長期放置が続いております。
本通知から翌日正午までにご連絡頂いてない場合、ご利用規約に伴い発信者端末電子名義認証を行い、お客様の身辺調査に入らせていただきます。調査後は、運営サイトによる御自宅やお勤め先への回収業者による料金回収、又は裁判による訴訟を行う可能性があります。
退会処理等の詳細につきましては下記までお問い合わせ下さい。
営業時間10;00〜19;00迄
総合調査事務局
(株)メディアアクシス
TEL03-6457-●●●●
担当  筒井

尚、ご連絡なき場合明日の正午より手続き開始となりますのでご了承下さい。

----

電話番号を曝(さら)してやろうかと思ったが、大人気(おとなげ)ないのでやめておいた。
ドコモに迷惑メールとして通報して、削除するにとどめてやることにした。
でも、ツッコミどころ満載なので、ここに掲載した。

それにしても、筒井くん、サイトのURLも請求額もないのに、信じられるわけないだろ?
そういえば、スパムがなくならないのは、この手の架空請求などの反応率が非常に低くても儲けが出るからと聞いたことがある。
つまりすごい金額を請求されるということなのだろう。
こういうメールにビビってお金払っちゃう人もいるんだろうねぇ。
でも、メールの文中に金額も書いてないのに?

それだけじゃない。
「明日の正午より手続き開始」と書いてあるのに、文面に日付がないぜ。
……こりゃあ、ビジネス文書を書いたことがないだろ、筒井くん。

「発信者端末電子名義認証を行い」っていうのも、ワケが判らない。
端末個体番号通知のことだろうか?
端末個体番号なんて、個人情報に当たらないんじゃなかったっけ。

「運営サイトによる御自宅やお勤め先への回収業者による料金回収、又は裁判による訴訟を行う」とか凄んでいるけど、じつは中学生じゃないのか?
2ちゃんねるで言うところの「厨房」なんだろ、筒井くん。
少なくとも、情緒の成熟度は、中学生だね。

架空請求なんてつまらないことを熱心にやらないで、真面目に働いたほうが、世のため人のため、何より自分と家族のためだからね。
ちゃんと勉強しなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/03

イチョウの黄葉

近所の小学校のイチョウが先週末から見事に黄葉していて、雨に散り始めた。

んー、昨年は10月のうちから黄葉していたのになぁ(「イチョウとミニトマト」参照)。

イチョウの黄葉の時期は、どうも年による変動が大きいようだ。
とはいうものの、個体差は大きいし、全体が色付くまで時間がかかるし、ということで、正確な生物季節的観測をやっていないので、確かなことは言えない。

校舎の北側のイチョウはまだ黄葉が見事だが、校庭の南側のイチョウは丸裸だ。
これは個体差というより、環境……微気候の問題だろう。

校庭の南側のイチョウの葉が側溝を埋め、雨が降ると水が道路を川のように流れる。
その水を元気に撥ね散らしながら、こんが駆けて行く。
朝早く、目覚めきる前に、こんに引っ張られて走るのは辛いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »