« デジタルサイネージと自然の配色 | トップページ | 高脂血症+胃炎 »

2009/10/19

側溝清掃でずぶ濡れになった

昨日、自治会の側溝清掃に参加した。
住宅地の道路脇のコンクリートのフタを開けて、中の土砂をかき出したのだ。

またぎっくり腰になるとマズイので、ぼちぼち、のんびりやろうと思っていたら、ホースのノズルの担当になってしまった。
スコップで掬い上げることができない土砂は、消火栓の水を使って洗い流す。
これは、消火栓や可搬ポンプ、消火ホースの取り扱いに慣れることや、消火ホースの点検にも役立つ。

それは良いのだが、側溝に屈みこみ、ホースのノズルを腰だめに構えて、噴き出す水の反作用に耐え、10メートルほど先まで土砂を飛ばしていく作業はけっこう過酷である。
側溝のフタなどに当たった水が飛んでくるのはもちろん、土砂混じりの泥水も跳ねてくる。
ノズルとホースの接合部からは水が漏れてきて、腰から下を濡らす。
長靴の中に水が入って歩くたびにガポガポいう。

まぁ、山歩きを趣味としてきた元農学徒にとって、濡れるのはそれほど苦にならない。
帽子や顔や服に泥が付くのも、まぁ、後始末が面倒なだけである。

参ったのは、水圧で膨れ上がったホースの重さである。
ホースを取り落とさないよう、反作用で持って行かれないよう、しっかりつかんでいなければならない。

……そんなわけで、今日は腰も痛いが、腕がだるい。
ものを握るのに使う筋肉は、前腕にある。
そこがパンパンで、マウスを操作したり字を書いたりするのがひどく辛いのである。

いやー、ふだんマウスより重いものは持たないから、慣れない肉体労働をするとツライなー。
……なんてことを書くと、ツッコミがいっぱい入って来るだろうなぁ。
「マウスは持たないだろ」とか「14kg超のイヌを抱えて散歩?しているじゃないか」とか……。

|

« デジタルサイネージと自然の配色 | トップページ | 高脂血症+胃炎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 側溝清掃でずぶ濡れになった:

« デジタルサイネージと自然の配色 | トップページ | 高脂血症+胃炎 »