« 夏の草刈りはバッテリーも辛いらしい | トップページ | グリッドの幻覚を見た »

2009/08/11

地震に叩き起こされた

台風9号に伴う激しい雨の音と雷鳴を聞きながら、悪夢を見ていた。
文書テンプレートを三つ作ったのだが、一つに訂正が入り、あとの二つも同じように直さなければならない。
その修正が、延々と続くのである。
まぁ、現実もこんなものだが。

浅い眠りに転々としていたら、突如大きな揺れが。
激しい上下の振動で、思わず飛び起きた。
普段は「何があっても起きない」ムスメたちも、「えっ!? なに!?」と言いながら起き上がってきた。

寝室の出入り口の柱の横で様子を見たが、立って歩けるし、すぐにおさまりそうな気配。
どうやら家族は無事だし、本棚やタンスが倒れるということもなさそうなので、テレビを点けた。

すると、沼津は震度5弱だという。
いやいや、体感震度は3程度だ、と思いながらしばらくテレビを見ていたが、津波はすでに第一波が到達しているし、余震が怖いが眠いのでまた布団に横になった。

ふと思い付いて、防災用に買っておいた手回し発電機付きのラジオを点けてみたが、ハンドルを回しているとその音がうるさくてラジオがよく聞こえない。
しばらく回して充電してから聞いていると、雷で空電が入って聞きづらい。

報道もループに入ったので、もういいや、一眠りしようと思ったら、町内放送が入った。
沼津市の防災放送だったが、地震発生から15分以上経ってからでは遅いのではないか?
しかも、実際に放送が入る前に、2回も運送波だけ流している(プープー、というノイズが流れた)。
うーん、もうちょっと防災に力を入れて欲しいところだ。

まだまだ雨が降りそうなので、屋根瓦がずれたりしていないか、気になったが、ウトウトしてしまった。

さて、改めて確認したところ我が家の被害は、というと、幸いにして「ゼロ」である(屋根瓦は確認していないが)。
棚から落ちたのは画用紙とかコロコロ(粘着テープのクリーナー)とかだけで、本の飛散や食器の破損はなかった。
食器棚は地震対策用の自動ロック(機械式)が効いていた。

台風が来ようが、地震が起ころうが、それでも人生は続く(Life goes on)。
今朝は月に一度の資源ゴミの回収日なので、集積所まで新聞紙を運んだり、集積所に養生シート(ブルーシート)を張るのを手伝ったり。

それでも人生は続く(Life goes on)。
とりあえず休んじゃうと滞る仕事があるので、会社へ。
東名高速道路が閉鎖されているというので、一般道の渋滞を警戒して早めに会社に向かった。
閉鎖されていたためか、かえって車が少なかった。

|

« 夏の草刈りはバッテリーも辛いらしい | トップページ | グリッドの幻覚を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震に叩き起こされた:

« 夏の草刈りはバッテリーも辛いらしい | トップページ | グリッドの幻覚を見た »