« 庭の草がえらいことになってしまった | トップページ | きっと神はどちらの味方でもない »

2009/08/04

思考の整理法

思考の整理法として、とにかく思い付きをメモする、というものがある。メモするだけではダメで、それをノートにまとめておく。
これで、単なる思い付きが、後で読んでわかる文になる。しかし、これでも思考の断片に過ぎない。ノートから外山滋比古氏(『思考の整理学』著者)の言う「メタノート」にまとめ直す。
メタノートは「ノートのノート」であり、ノートに書いて寝かせておいた思考の断片を練り上げる場である。

メモからノートへ、ノートからメタノートへとまとめ直す際、詰まらないものは捨てられる。
時間がたってから見直すと、何だかわからなくなってしまっているものもあるだろう。
時間を置いて寝かせることによって、さらに新たな価値をもつ場合もあるはずだ。

『思考の整理学』を読んだのははるかに以前であって、ほとんど記憶に無いのだが、上記のような思考の整理法は何となく実践している。

手帳やスケッチブック、携帯電話のテキストメモなどに書き散らした思い付きを、時折見返して、ブログに書いたりする。
ブログに書いているうちに、まとめてみようという気になったものは Wiki の記事にする。
ブログがノートに、Wiki がメタノートに相当するわけだ。

まぁ、そこまできちんとした思考の結果をまとめているわけではなく、どこをとっても思い付きのレベルを超えてないなぁ、と自分でも思うのだが。

|

« 庭の草がえらいことになってしまった | トップページ | きっと神はどちらの味方でもない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考の整理法:

« 庭の草がえらいことになってしまった | トップページ | きっと神はどちらの味方でもない »