« 夏の終わりの気配 | トップページ | 使役動物の知能 »

2009/08/18

こんのソックスの由来

昨日のことになるが、朝の散歩に出かけたとき、近所の(同じく散歩中の)ビーグルとこんがケンカした。
ケンカといっても、こんが吠えて飛びかかられただけで、実害は無い。
こんも吠え返すものの、尻込みするだけでカッコ悪いこと。

それはともかく、そのビーグルも飼い主も(ワシに対しては)友好的だったので、少し触らせてもらった(ビーグルを、である。飼い主のオジサンを、ではない)。
よくよく見ると、ビーグルの足先は白く、尾の先も白い。
こんと同じではないか。
白目がチョロっと出る目つきや、鼻の辺りの様子も何となく似ている。

こんには、ビーグルの血も入っているのだろうか?
こんの白いソックスと尻尾の先は、ビーグルの遺伝子に由来するのだろうか?

そう考えて、こんの、柴犬にしては大きな耳を、顔の側面に折り畳んでみた。
……ビーグルには見えない。
どっかの「ノラ」である。
あちこちで見かける雑種の顔付きである。

いろんな犬種の血が混ざると、こんのような顔付き・体付き・体色になってしまうものなのだろうか?

|

« 夏の終わりの気配 | トップページ | 使役動物の知能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんのソックスの由来:

« 夏の終わりの気配 | トップページ | 使役動物の知能 »