« 原子力発電はなぜ胡散臭いのか | トップページ | ウチでいちばん良い場所 »

2009/06/12

かぐや月に還る

かぐやを月に落下させて、ミッションは終わった。

そんなニュースを聞いた翌日、月を見ながら「あそこのどこかにかぐやが墜落して四散しているのだなぁ」と思った。
そして、月面では酸化や風化は起こらないから、いつまでも残骸が存在し続けるのだ、ということに気付いた。
もちろん、温度変化や紫外線などにより劣化するから、しだいにボロボロになっていくだろうが、錆びたり雨風に打たれたり、土砂に流されることはない。

何万年か何十万年か経って、人類が消え去った後、ヒトではない知性体が月面の残骸(かぐや以外にも、アポロ月着陸船の土台とか、いろいろある)を見つけたりするかも知れない。
そのとき、その知性体が月面から見上げる地球は、青いままだろうか?

|

« 原子力発電はなぜ胡散臭いのか | トップページ | ウチでいちばん良い場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぐや月に還る:

« 原子力発電はなぜ胡散臭いのか | トップページ | ウチでいちばん良い場所 »