« 新型インフルエンザ対策 | トップページ | 先入観で問題の切り分けをしくじった »

2009/05/25

週末の肉体労働

土曜日、晴れたので庭の手入れ。
草刈りをしようかと思ったが、よく見ると芝などはあまり伸びておらず、アレチノギクやヒメジョオンの類が葉を増やしつつある。
そういう直立型の草を手で取りまくろうかと思ったが、その上に茂っている木の葉が邪魔なことに気付いた。

午前中いっぱいかかってコデマリ、タラノキ、ヒメシャラ、エノキ、カキ、イチョウなんぞを汗だくになって剪定した。
大量の葉や枝は、細かく刻んでコンポスト(堆肥化容器)に突っ込んだり、庭の隅に積み上げたりした。
かさ張る枝も、刻むと少量になる。
刻んでおくと、土に還るのも早いしね。

こんは、最初は嬉しがって一緒に庭をふらふらしたり、刈りこみバサミのにおいを嗅いだり(鼻先を切り落としそうで危険である)、と楽しそうだったが、やがて暑いのかウッドデッキの下に潜り込んでいた。

午後、シンボルツリーであるカツラを切った。
二階の屋根に届きそうな高さになり、風が強いときにはポリカーボネート製のポーチの屋根を叩き割りそうだからだ。
何しろ、山では高さ20メートルの大木になるというから、「自然のまま」にしておくわけにもいかない。

ムスメに手伝わせて、人の背丈くらいのところで、幹を切った。
幹の太さは、片手で掴めないくらいだった。
切断部位から梢まで、およそ2メートル。
その枝葉を50センチメートル程度に切るのがまた一苦労だった(左手親指の爪をノコギリで切って少し血が出たが、まぁいつものことだ)。
さすがに大量の枝葉なので、庭では処理できないから可燃物として出そうかと思ったのだ。

幹と太い枝は残しておいて、乾かして焚き火に使おうかなぁ。

……というところで土曜は日も暮れ、日曜にいよいよ草を抜き、できればウッドデッキの塗装もやりたいなぁ、と思っていたら……。

雨。
しかも、午後は雷雨。

仕方がないので、午前中に買出しに行き、午後は本を読んだり、Webサイトを更新したり(「科学的逍遙/研究室/RV車は死角が大きいか?」参照)。

じゃあ、日曜日は肉体労働無しか、というと、そうでもない。
雷雨の合間を縫って、こんを散歩に連れ出したし、こんの抜け毛がひどくなってきたので、猛烈な勢いで手で梳いて毛を回収したし。
毛を梳いていると嫌がって手に噛み付いたりするので(もちろん甘噛みだが)、速さが必要だし逃げるのを追いかけなければならないし、ときには取っ組み合いになるし。

そんなこんなで月曜日となると右腕がだるい。
そのだるい腕でマウスを操作して、InDesign やら Illustrator やらの細かい修正作業をするのは、とてもつらかったりするのだが、まぁ、自業自得である。

|

« 新型インフルエンザ対策 | トップページ | 先入観で問題の切り分けをしくじった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末の肉体労働:

« 新型インフルエンザ対策 | トップページ | 先入観で問題の切り分けをしくじった »