« イヌを飼う覚悟 | トップページ | 阿修羅像は仏像か? »

2009/03/31

飛び出せ!科学くん

そろそろ寝ようかと思っていたら、TBSで「飛び出せ!科学くん」という番組をやっていた。

国立科学博物館のリアルな復元模型の古代人の子供を見て「きもす……」、ニホンオオカミの剥製を見て「カワユスなぁ……」とコメントしていた中川翔子が、オオグソクムシ(VTR)を見るなり「グソクさまだ……」と言ったのには笑った。
オオグソクムシは深海底に棲む巨大なダンゴムシである。
鎧をまとったような姿なので「大具足虫」なのである。

海洋科学博物館
「生物解説:オオグソクムシ」
http://www.umi.muse-tokai.jp/encyclopedia/fish/oogskms.html

なんでオオグソクムシが出てきたかというと、もう一人の出演者であるココリコの田中が駿河湾に深海ザメを捕りに行き、そのときサメ漁の漁船に引き上げられた仕掛けの中に、ヌタウナギに混じっていたのである。
ココリコの田中がサメ好きだとは知らなかった。
国立科学博物館のメガマウスの歯の展示を見ているときなど、まばたきもしないのである。

面白いので午前1時半まで見てしまった。
こういう番組はもっと早い時間にやって欲しいものだと思う。

……と思うが、キャラクターの「科学くん」は人体筋肉標本なので、ゴールデンタイムに放送したりすると、その夜うなされる子供が続出だろうなぁ。

|

« イヌを飼う覚悟 | トップページ | 阿修羅像は仏像か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛び出せ!科学くん:

« イヌを飼う覚悟 | トップページ | 阿修羅像は仏像か? »