« こんと正月 | トップページ | 『アーサーとミニモイの不思議な国』に生態学的ツッコミを入れてみた »

2009/01/21

愛鷹山でシカと遭遇した

有給休暇がたまっている。
3月末までに、あと29日も休まなくてはならない。
ワシはとっても真面目なので、どんどんたまってしまうのである。
そこで、業務上支障のないときを選んで、有給休暇を取得するようにしている。

今日は午前中にこんを家から連れ出す必要があったので、有給休暇を取った。
折角なのでワシのリフレッシュを兼ねて、愛鷹山に連れて行くことにした。

しかし、こんは車に酔うのである。
今日も朝飯を吐いた。
吐く前からすごい勢いでよだれを垂らしていたし。
もう、大丈夫なのだろうかコイツと思うくらい気持ち悪そうにするのだが、山へ行くと元気になる。

Dvc00008s

シカやサル(と思われる)やテン(と思われる)の糞の臭いを嗅ぎ、ケモノ道に行こうとする。
もう、「どこまでも行きましょう!」という感じで付き合いきれないので、水神社から奥の林道を30分ほど登ってから折り返した。
下山する途中でシカの群れに出合った。

足跡やシカ道などたくさんの痕跡を見かけるので、愛鷹山にシカがいることはわかっていたが、これまでなかなか出会うことがなかった。
シカの足跡の匂いを嗅ぎながら小走りに歩いていたこんが急に走り出したので、カーブの先を見ると、シカの上半身……というか首から先が見えた。
しかも、シカはコチラに気付いていない。
……ということで、携帯電話のカメラを起動して、こんに行っていいぞと合図すると……。

Dvc00009s

シカはワシが蹴飛ばした石の音に気付いて逃走した。

携帯電話で撮影したので画質はイマイチだが、4頭の白い尻がわかる。
大きなメスのオトナアダルトが1頭、前の夏に生まれた当歳仔フォーンが1頭、さらにその前の夏に生まれた子供というか「中供」ジュベニールが2頭。
このほかに右手の斜面でもガサガサ音がしていたので、あと2頭以上いたと思う。

Dvc00009z

こんはシカを獲るくらいの勢いで走っていたが、車に乗せると元気がなくなり、帰り道でまた吐いた。

山へ行くのは楽しいけど、行くまでと帰りが辛くて……。
こんだけじゃなくて、世話するワシも辛いぞ。

|

« こんと正月 | トップページ | 『アーサーとミニモイの不思議な国』に生態学的ツッコミを入れてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛鷹山でシカと遭遇した:

« こんと正月 | トップページ | 『アーサーとミニモイの不思議な国』に生態学的ツッコミを入れてみた »