« 「いささかも間違っていない」なんて非科学的な | トップページ | Boichi作品集『HOTEL』を読んだ »

2008/11/17

いかんいかん、クールに行こう

いやぁ、昨日は週間ニュースを見ていてものすごく腹が立ったので(同時に空恐ろしくなったので)感情的な記事を書いてしまった。
ユーモアのカケラもない。

クールに、冷笑的に接するほうがスマートだよね。

ということで改めて少し考えたのだが(あんまり考えるとまた腹が立つので、ほんの少しだが)、「オレは悪くないもん」なんていうジャイアンを信用できるかね?
いじめっ子は、「いじめた」という自覚を持たないものなのだ。

「オレは悪くない。挑発されたんだ」とか「仕組まれたんだ」とかいう史観は「他虐史観」とでも呼んだらいいのかね?
自虐史観とどちらが格好悪いかと言うと、反省しないほうが格好悪いに決まっている。

やっぱり芥川龍之介が言っていたように、「軍人は小児に近いものである」ということだね。
子供に武器を持たせては、いけないよね。

|

« 「いささかも間違っていない」なんて非科学的な | トップページ | Boichi作品集『HOTEL』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いかんいかん、クールに行こう:

« 「いささかも間違っていない」なんて非科学的な | トップページ | Boichi作品集『HOTEL』を読んだ »