« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/25

足尾へ行ってきた

足尾へ行ってきた
恒例のカモシカ調査に行ってきた。
例によってニホンカモシカは見られず。
ニホンジカとタヌキとキテンとハイタカとノスリとトビとハギマシコか何かと……まぁ、それくらい。
ニホンザルとホンドリスとツキノワグマの痕跡はあったが。

21日夕方、沼津発。
国道246号、東富士道路、中央道、圏央道、関越道、北関東道を通り、伊勢崎から大間々を経由して足尾へ。
かじか荘を過ぎて、舟石峠(備前楯山への登山口)へ上ろうとしたら、雪が降り始めた。
時刻は22時を回っていた。
途中、道の脇を歩くシカを全部で5頭見た。
峠道は落石のため通行止めだったのだが、様子見に上ってみた。
四駆でなければ怖くてできないことだったが。
多少の落石をよけながら登る道で、道を横切るタヌキを2頭見た。

峠は吹雪。
しかも、足尾側が閉鎖されていた。
これでは、峠で一晩を過ごすなど、怖くてできない。
……ということで、折り返して足尾へ向かい、ダムの近くの駐車場で仲間と落ち合った。
途中、飛び出しかけて戻るタヌキや、夜の足尾の町を先導するように200mくらい走っていた子ダヌキや、道端からしっぽと顔をのぞかせたキテンに出会った。
その晩は、オリオン座を眺めながらちょっと飲んで、クルマで寝た。

22日朝、ものすごい風で目が覚めた。
その風の中、コールマンのツーバーナーで湯を沸かし、チリトマトヌードルを食べ、昼食用の湯もポットにとった。
8時前に歩き始め、定点観察ポイントである尾根へと登る。
いやその辛いこと辛いこと。
以前は登山道でない斜面を登ることなど屁でもなかったのだが、もう、ストック(要するに「杖」だ)なしでは登ることも下ることもできない。
細い踏み跡の上にかぶさったマツの幹を避けようとかがんだだけで、斜面を落ちそうになるのを、ストックを突いて持ちこたえる。
ウィーピングラブグラスに覆われた斜面で滑りそうになり、ストックにすがる。
下り坂では膝が笑いそうになるのを、ストックワークで防ぐ(足の運びに左右のストックを出すタイミングを合わせたり、ストックの握り方を変えたりと、それなりにテクニックは要るのだ)。

定点観察ポイントに着いたら、あたりは薄く雪に覆われていた。
日光側の山々、社山や太平山も雪化粧していた(上の写真)。

最初にプロミナ(フィールドスコープ)を据えた西の斜面は、風も強いし寒くて敵わない。
そこで、南向きのススキの原に場所を移す。
時折冷たい風が吹くものの、ぽかぽかと暖かい岩の上に座って、周囲の山の尾根や斜面を双眼鏡で眺める。
おや?と思うモノが見えたら、プロミナで確認する。
見つかるのは、シカばかり。
座り込んで反芻しているシカを見つけられるのだから、カモシカが居れば見つかるはずだ。
10年前くらいまで、カモシカが座っているのをよく見た岩場を何度も見てみるが、やはり居ない。
カモシカはどこへ行ってしまったのだろうか?

15時に調査を終了して下山。
銀山平方面へ移動し、路傍の広場にクルマを駐める。
砂利の広場だが、跡を残さないように焚火台(それぞれが持ち寄った計3台!)を据えて枝を燃やす。
肉や魚を焼いたり、キムチ鍋や焼きそばを作ったりしながら、飲む。
幸いにして風もなく、空はよく晴れて星が明るい。
白鳥座からカシオペアを経て小犬座のほうへと、銀河も流れている。
ただ、メンバーがみな立派なオヤジになっちまったので、21時を回るころには眠くなり、22時にはクルマの中へひっこんだのだった。

23日、空が明るくなったので7時に起き出す。
クルマに陽が当たるようになる8時ごろまで、周辺を散策。
かつては銅の鉱山があって、小学校も病院もあったのだそうだ。
戦後まもなく村はなくなり、いまは石垣やレンガから集落や建物があった痕跡を残すだけだ。

10時過ぎに出発し、逆のルートで14時半過ぎに静岡県に戻ったが、須走から御殿場までが混んだ。
それでも17時前にはウチに着き、こんの手荒い歓迎を受けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/19

E=mc2

カミさんが
「E=mc2 買わなくちゃ」
と言うので何かと思ったら、ネスカフェ ゴールドブレンドの詰め替えボトルのことだった。
アインシュタイン(のそっくりさん)のTVCMやってるヤツ。

いきなり「いーいこーるえむしーじじょう」と言われてもねぇ。

それはさておき、今朝の散歩中、ものすごい「快晴」で富士山がくっきり見え、イチョウやプラタナスも見事に色づいていたので、携帯電話で写真を撮った。
朝イチ富士山」にその写真を載せておいた。

これだけ晴れてガンガン冷えると、恒例の足尾でのカモシカ調査も、ものすごく冷えるだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

Boichi作品集『HOTEL』を読んだ

Boichi作品集『HOTEL』(モーニングKC)を読んだ。
アーサー・C・クラークに献辞が捧げられているだけあって、ユーモアと皮肉を仕込んだ短編SF漫画集となっている。

やっぱり良かったのは表題作「HOTEL」、「すべてはマグロのためだった」かなぁ。
ファンタジーは(ワシは)あまりよく解らない。
絵がうまいのは確かだ。

SFとしての筋立ては、どこかで見たような気がしちゃうのは、古今のSF作家、漫画家、映画人たちがアレコレ挑戦し続けているのだから、仕方がないだろう。

その点、「すべてはマグロのためだった」では、畳み掛けるように様々なアイデア(とSF的法螺)が展開され、そのテンポに笑わせてもらった。
だって、マグロがいなくなった地球の代わりにエウロパをテラフォーミングし、その海でサンマを養殖しちゃうんだからね。
木星の衛星、エウロパ……クラークの『2010年宇宙の旅2』ではエウロパの海の生物が描かれていたが、その海に、サンマかよ。

どっかで見たような風景、どっかで読んだような筋立てながら、「HOTEL」は絵で魅せていると思う。
『2001年宇宙の旅』のような地球・月・宇宙船の配置、ゼラズニイの『フロストとベータ』(およびその他の多くの作品)のように人間の命令を守り続けようとするロボット。
「HOTEL」のコンピュータは、温暖化が暴走して金星化した地球で、宿泊客……人類から託された、地球上のあらゆる生物のDNA……を守るため、孤独な苦闘を続ける。

この、けなげに働き続けるロボットの話に弱いのかもなぁ。
太陽系から離れつつあるボイジャー、土星の衛星タイタンに着陸したホイヘンス、砂嵐と闘いながら観測を続ける火星上のローバーたち。
空を見上げりゃ、そこにけなげな奴らがいるのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

いかんいかん、クールに行こう

いやぁ、昨日は週間ニュースを見ていてものすごく腹が立ったので(同時に空恐ろしくなったので)感情的な記事を書いてしまった。
ユーモアのカケラもない。

クールに、冷笑的に接するほうがスマートだよね。

ということで改めて少し考えたのだが(あんまり考えるとまた腹が立つので、ほんの少しだが)、「オレは悪くないもん」なんていうジャイアンを信用できるかね?
いじめっ子は、「いじめた」という自覚を持たないものなのだ。

「オレは悪くない。挑発されたんだ」とか「仕組まれたんだ」とかいう史観は「他虐史観」とでも呼んだらいいのかね?
自虐史観とどちらが格好悪いかと言うと、反省しないほうが格好悪いに決まっている。

やっぱり芥川龍之介が言っていたように、「軍人は小児に近いものである」ということだね。
子供に武器を持たせては、いけないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/16

「いささかも間違っていない」なんて非科学的な

遺族会あたりも怒ったら良いのに。ああいう非科学的なファンタジーを論文と称する輩が、破壊と死をもたらすんだぜ。あぁ、腹立たしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/14

高脂血症

一昨日、人間ドックであれこれ検査。

今年初めて、心電図で「borderline」という結果が出た。
ちょっと見には問題ないようなので、循環器の専門医が見て結果を教えてくれるそうだ。

そして例年通り、高脂血症で要経過観察という結果が出た。
中性脂肪が高く、LDLコレステロール(悪玉)が高く、HDLコレステロール(善玉)が低い。

「運動はされているようだし、食事には気をつけているようだし、飲酒も過度でなく喫煙もない。これで高脂血症というのは不思議ですねぇ」
と言われてしまった。

より運動して、より食事に気をつければ、当面薬を飲んだりしなくて良い、というのが救いではあるが、困ったな。
これ以上運動するには、こんが昼間に散歩できるようになってくれないと!
それなのに、このところ「秋の火災予防運動」で巡回している消防車に怯えて、夜の散歩の時間すら短くなってるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/10

除草のタイミング

昨夜、こんの散歩中に近所の公園の伸び放題だった草が刈られているのに気付いた。
ここ数日、残業で遅くなったり、こんが公園へ行くのを嫌がったりしたので、公園の状況がわからなかったのだ。

しかしなぜ、この時期に除草……草取りをするのだろうか?
芝生は多少頻繁に草刈りしていたが、水路沿いの斜面は夏中、草ぼうぼうだった。
公園の管理者である市か、水路の管理者である県が、夏の間は刈っても草が伸びるので「損」だと考えたのだろうか。
だとしたら、その考え方は「科学的」に間違っている。

「草ぼうぼうになって困る」場合のその草は、セイタカアワダチソウ、クズなどの多年草である。
夏の間、葉を茂らせて盛んに光合成して、その栄養を地下茎に蓄えて冬を越す。
秋のこの時期には、すでに地下茎に十分な栄養を蓄えているので、また来春芽を出し、盛大に葉を茂らせることは容易に予想できる。

草刈りは、夏の最中にやるべきなのである。
まず、梅雨が明けたらすぐに、伸び始めた地上部(葉と茎)を刈って、前年の貯蔵栄養を浪費させる。
その後、8月・9月に1回ずつ刈れば、多年草は地上部を伸ばすことに疲弊してしまって、地下部に栄養を蓄える余裕がなくなる。
これにより、シバのような「刈り込みに強い」多年草のほうが有利になって、「草ぼうぼう」から「草原」に近い状態に変わるはずだ。

こういうことは、植物生態学や雑草学の知見からわかっているはずである。
それなのになぜ、除草方法として一般化しないのか、ちょっと不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/06

アメリカ大統領選挙から日本の選挙制度を考える

オバマ次期アメリカ合衆国大統領の勝利宣言のニュースを見ながら、ウチのムスメが言った。
「なぜ、日本の選挙はあんなふうに盛り上がらないのだろう?」

まぁ、理由はいろいろあるだろう。
国民性というか、「みんなで国をつくろう」といった意識は希薄だし。
「長いものに巻かれろ」だったり「寄らば大樹の陰」で権力を利用しようとする輩も多いし(コネで就職とかね)。

候補者も訴え方が下手だし。
「がんばっております」とか「おねがいします」とかは聞き飽きた。
具体的な話が聞きたいのに。

選挙のときに候補者の家族が出てきても「おねがいします」だし。
母親とかばーちゃんとかが出てきて、「ウチの子は変えます! We can change!」とかやれば面白いのに。

土下座じゃねぇ。
ふつうの感覚からすると、土下座されたからって投票するもんでもないだろう。

いや、そういう候補者に投票しちゃうような有権者がいるから、成り立っているのかな?
とするなら、もっと良い政治にするためには、やっぱり選挙制度を変えなくてはだめだ。
いまの小選挙区比例代表並立制は、大政党有利でマイノリティーの代表者を排除する仕組みだし(ワシはマイノリティーだと思っていないのだが、なぜか代表者と選んだ人が国政や県政や市政に関われないのだよね)。

よく考えたら、国会で選挙制度改革を考え、決めるのは「科学的に不可能」だね。
だって、現在の選挙制度で議員になった連中が、「また当選する」ために有利な選挙制度にするに決まっているからだ。
囚人に刑務所の規則を決めさせるようなものである。
選挙制度は国民投票で決めるべきだね。

国民投票で思い出したのだが、県民投票をやると言っていたのに当選したら公約していないと言い張った石川静岡県知事。
県民投票をしていたら、静岡空港の開港遅延問題は「なかった」かも知れませんぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/03

人面カメムシ

Pb014345ms

庭のタラノキで発見。
アオカメムシあたりの幼虫だと思うが、よくわからない。

拡大写真は、科学的逍遙の「植物/タラノキ」参照。

しかしまぁヒトってヤツは、あらゆるところで「顔」を見つけてしまうものである。
それだけ、ヒトという生物種のコミュニケーションにとって、「表情」が重要であるということだろう。
ヒトの感情とは全然関係のない模様の中から、「笑った顔」とか「怒った顔」とか「無関心な顔」とかを探し出してしまうのだから。
まぁ、そういう具合に表情に敏感なように、ヒトは進化してきたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »