« またまた、イラガを駆除 | トップページ | ノーベル賞(2) »

2008/10/08

ノーベル賞

日本人がノーベル物理学賞で3人、化学賞で1人受賞。
ということで、マスコミ報道もなんか「民族的な誇り」的な香りがする。

そりゃまぁ、すんなり通じる言葉を話し(言葉は通じるけど、CP対称性の破れとかの話はすんなり理解できないぞ)、そこらのおっちゃんのような顔をした人たち(失礼)が世界的に評価されるというのは、ワシだって嬉しい。
それくらいの帰属意識はある。
だが、南部さんにしろ下村さんにしろ、アメリカ在住だよね。

そしてまた、マスコミの「日本の科学もまだまだ世界に誇れるということですね」というような問いかけに対し、益川さんはむっとして答えていた。
「何十年も前の発見ですからね」

基礎科学が評価されるには、それだけ時間がかかるということか。

30年前の研究が評価されたということから、二つの可能性が考えられる。

(1) 現在日本で行われている研究も、20年後、30年後に評価されるだろう。
(2) 30年前、日本はまだハングリーだったので後に評価される研究ができた。

(1)のような楽観的な予測は、基礎科学に割り振られる研究予算の少なさを考えると、ちょいと疑わしい。
そこで(2)から、ひょっとしたら、もうノーベル賞級の研究成果が出てくることはないのではないか、という予想も生まれる。

日本人(とくに政治家)の科学力の低下を思うにつけ、基礎的研究が評価されるようなしくみづくりは難しいのではないかなぁ、と思ってしまう。
貴重な税金は官僚の天下り団体なんかに消えていってしまうし。

日本で研究を続けられず、出て行ってしまう研究者も少なくないのではないだろうか。

そんなことを考えると、素直に喜べないのである。

|

« またまた、イラガを駆除 | トップページ | ノーベル賞(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞:

« またまた、イラガを駆除 | トップページ | ノーベル賞(2) »