« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/30

抜歯した

先週、顎の傷の抜糸をした。
今週は、左の門歯を抜歯した。

もう毎週、ばっしばっしである。

……なんと、門歯の前の骨が欠損しているという。
気付かないうちに骨折していたわけだ。
もちろん、歯とその詰め物が邪魔になって、X線写真でもわからなかったのだ。

いったいどういう倒れ方をしたのやら。
膝にも肘にも傷がないので、顔面、というか口から着地したのだろう、多分。

ダメになった4本の歯を削り、前歯5本分の仮歯を付けてもらった。
今後の治療のために取り外しできるようにしてあるので、堅いものは噛めないようだ。

いやぁ、歯というのは重要である。
食事に時間がかかるのはもちろんだが、前歯が不自由だと歯を食いしばることもできず、力が入らない。

歯を失うと野生動物は生きていけない、という話を聞いたことがあるが、当然だね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/25

抜糸した

土曜日(23日)に顎の傷の抜糸をした。
もちろん、ワシがやったのではなく、外科の先生が抜糸したのである。

2cmほどの傷だったが、一週間できれいにふさがるもんだねぇ。

メガネも作り直したので、あとは前歯の補修だけである。

……が、これが大変そうである。
歯茎の表面よりも奥で折れているので、対応が難しいのだそうだ。
長期戦になりそうだ。
その間、うまく仮歯がくっついていてくれるだろうか?(土曜に型を取ったので、次回つけるのだ)

うまくいかなければ、しばらく「歯なし」かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/19

直立二足歩行の危険性

直立二足歩行というのは危険性の高い移動方法である。
安定が悪いので、自律制御システムがスリープすると、 転倒する。
すなわち、昏倒である(左様、昨日書いた話の続きなのだ)。

重心が高いので、転倒時のダメージが大きい。
その重心も、質量が一様に分布していると仮定したときには臍のあたりだが、臍で二分割して考えると、首から上がまた重い。
上半身の重心は、(腕を上げていると)かなり上に偏っているのではなかろうか。
ひょっとして、ちょうど顎のへんにこないだろうか?

つまり、昏倒して地べたに顔面を叩きつけたとき、顔面にかかる加重は、体重の半分になる。
その質量が、地上から約1.5メートルの高さから落下するのだ。
それが極端に短い時間にかかるのだから、あぁ、力積か。
計算方法を忘れてしまったので、衝撃の大きさの数値化は今度にしよう。

まぁ、とにかく大きな力なのだ。
その結果として、次のような現象が見られた。

下顎の皮膚および結合組織の断裂(幸いにして骨組織に異常無し。8針縫った)。
上唇、下唇の擦過傷。
前歯(切歯2本)の折損(幸いにして脱落せず。でもめり込んでいるので歯医者は対応に苦慮。しばらく考えさせてくれ、と言われた)。
切歯のかぶせものの破損。
左頬の擦過傷。
眼鏡のフレーム変形(プラスチック製レンズは割れなかったが表面に傷が入って使用不能)。
頚部筋肉の緊張(ムチ打ち状態)。

これから先、足腰も弱るし脳神経も血管の欠陥も増えるから、派手に昏倒しないように注意せねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/18

地球とケンカして負けた

16日土曜日、30分以上炎天下に立っていたら、目の前が真っ白になり、気が付いたら目の前にアスファルトが見えた。
地球の重力に引っ張られて、頭突きをくらったのである。

周囲の人に助け起こされ、救急車で病院に搬送された。
体温が上昇し、血圧が低下。
熱中症になったらしい。
顎が切れて出血しており、唇も切れ、メガネはひんまがり、両手にも多数の擦過傷。

前歯も折れているようだし、ムチ打ち気味なのかひどい肩こりのようだ。
やっぱり地球には勝てないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/13

休日の考察

休日も家族にこき使われる。
その中でいろいろ考察した。

下のムスメの腕時計の電池が切れたので交換しようとしたら、ベルトがはずれなくて交換不能。
どうもおしゃれな安い時計は、使い捨てが前提らしい。
……ということでまっとうな時計を探して歩いたのだが、なかなか売っていない。
携帯電話で時間がわかるものだから、女性用の腕時計は絶滅危惧種になっているのだろうか。

この下のムスメがブログを始めたいというのでいろいろ面倒を見た。
安全に配慮しながら写真などを公開、というのもいろいろ面倒である。
人物写真はブレてたりボケてたりしているほうが良いかも。

上のムスメにはアルバイトの面接の送迎やら自動車教習所への送迎やら、足としてこき使われた。
これでアルバイトで稼げたら何か奢ってもらおう。
免許が取れたら、ドライブに連れて行って……欲しくないかも

とか言いつつ、映画(DVD)や本を読んだりした。

映画といっても『ロボコン』といった、スペクタクルとかVFXとかとは無縁なのんびりした映画だったりする。
日本映画は大金をかけたものよりも、のんびりしたものかアニメのほうが面白いかも。
あぁ、いや、アニメは大金がかかっているね。

押井守のアニメになったということで話題の『スカイ・クロラ』を読んでみたり。
読んでいる間は楽しかったが、もう一度読み返したり、シリーズを続けて読むかは、微妙だな。
空戦の描写とか、推進機構の話とか、オタク的でもあるなぁ。
そういえば、主人公の乗る戦闘機、震電みたいだねぇ。
6枚プロペラのプッシュ(推進)式という構造が好きで、プラモデル作ったなぁ。
あぁ、ワシもオタクか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

散歩で締めくくるまで

散歩で締めくくるまで

充実した休日。

午前中、庭の木の剪定。葉を広げすぎたタラノキ、伸びすぎたエノキ、徒長したカキの枝を切る。

午後、KNOPPIXをUSBメモリから起動するように設定した。
Linuxディストリビューションの一つ、KNOPPIXはCDから起動できるので、手軽に使えて便利である。だが、やはりいちいちCDを読みながら動作するので多少もたつく。そこで、USBメモリから起動できるようにしようと思ったのだ。
すでに KNOPPIX 5.1.1 のCDを作ってあったので、そのCDでOSを起動。
USBメモリを挿して、マウントしたら、アンマウントしておく(USBメモリは1GB以上)。
コマンドターミナルで、「/usr/sbin/mkbootdev」と入力する。
USBメモリにパーテーションを切ったりするのが面倒だったので、作成方法は
「B. Create system on USB strage using FAT32 partition」
を選択した。
「USBメモリはフォーマットするのでデータを消してよいか?」と聞かれるので Yes とすると、USBメモリに KNOPPIX がインストールされる。
ところが、NEC のノートPCでは、KNOPPIX が起動しなかった。
BIOS の設定を見ると、起動順序に USB がない。だめじゃん。
ということで、HP のデスクトップPCの BIOS を調べると、HD の前に USB で起動できるようになっている。
試したところ、無事起動してスイスイ動く。
やっぱり、コンシューマ向けのPCはダメだね。ビジネスモデルのPCを買うに限る。そもそも、余分なアプリケーションが入っていないから Windows もさくさく動くしね。

その後、古いサブノートPCを引っ張り出してみたら、BIOSメモリ保持用の電池が切れていた。会社で議事録を取ったりするのに使おうかと思ったのだが、キーボードが小さすぎる。

日が翳ってきたので洗濯物を取り込んで、それから庭の草刈り。BOSCHの電動草刈り機を使ったので、効率的に草を刈れてよかった。

草刈り後、こんを散歩に連れ出す。造成地の先の林にトレンチが掘ってあった。縄文時代の遺構でもあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »