« マグネシウム社会 | トップページ | 谷口ジロー『シートン』を読んだ »

2007/10/07

インターネット回線を変えた

もう昨日になってしまったが、10月6日、我が家のインターネット回線を、CATVの5Mbpsから、Bフレッツ光プレミアム100Mbpsに変えた。
速いから、というより、「インターネット+プロバイダ+電話」の合計料金が安くなるからである。

工事は午後2時から始まって、午後3時半に終わった。
そのうち1時間は、光の幹線からウチへの引き込みにかかる時間だった。
ウチの並びの電線にはまだ光が来ていなかったらしく、延々と引っ張っていた。

VoIPによるデジタル音声変換をかけた電話の音声は、アナログと変わりないようだ。
停電すると電話が使えなくなってしまう、という欠点はあるが、携帯電話が使えるなら、家族が音信不通になることもなかろう(下のムスメも4月に高校生になったら携帯電話を持つようになるし)。

面倒だったのは、ONU、CTU、VoIPアダプタと、三つもの機器を電話の脇に置かなければならないことだ。
場所はとるし、電源タップは必要だし。

幸い、ONUとCTUは壁掛け可能だったので、早速壁にネジを打って、電話の上に掛けた。
CTU(ルータ兼用)からPCへと引っ張ったLANケーブルは、モールを買ってきて隠した。

無線から有線に逆戻りだが、セキュリティ的には安心かもね。
100Mbps出るから、画像等のダウンロードが速くて快適だしね。
動画やテレビ電話は使わないと思うが、単なる画像でも、こうしてみると速いに越したことはない。

無事に光回線が通じたので、今度はCATVインターネットの契約を解除しなくては。

|

« マグネシウム社会 | トップページ | 谷口ジロー『シートン』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マグネシウム社会 | トップページ | 谷口ジロー『シートン』を読んだ »