« UFOを見た | トップページ | 『SF魂』を読んだ »

2007/08/31

記憶をデジタル化する

『日経サイエンス2007年10号』の「わかり始めた記憶の暗号」(J. Z. チェン)を読んだ。

マウスを使った実験により、脳の海馬内のニューロンの集合体が、ある出来事の一つの側面に対して反応することがわかった。
このニューロンの集合体を「ニューラル・クリーク」という。

例えば、マウスにとっての「エレベーターの落下」という出来事に対して、「びっくりする出来事」「動きの乱れ」「落下」という三つのクリークが反応する。
「地震」なら、「びっくりする出来事」「動きの乱れ」「揺れ」の三つだ。
そしてマウスがびっくり体験を思い出すとき、同じクリークが活性化する。

「エレベーターの落下」を「びっくりする出来事=オン」「動きの乱れ=オン」「落下=オン」「揺れ=オフ」、「地震」を「びっくりする出来事=オン」「動きの乱れ=オン」「落下=オフ」「揺れ=オン」というように2進数コードに表すことができる。
つまり記憶をデジタル化できるわけだ。

将来、ヒトの記憶をデジタル化して保存し、好きなときに追体験できるかも知れない。
だが、個人の記憶はとても重要な個人情報である。
流出したら怖いよね。

記憶だけでなく、感情や思考もデジタル化できるのだろうか? 

脳が、「エレベーターの落下」を「びっくりする出来事」ではなく「よくある楽しい出来事」に分類し直すようなことはあるのだろうか? 
あるとすれば、そのような分類のし直しが、感情や思考と関係するのではないだろうか?

だとすると、同じ記憶の記録から、異なる感情が再生されたりしないだろうか?

記憶だけではなく、感情も同時にデジタル化して保存しないと、正しく再生できない……ということがあるとすると、記憶コードはまさに、暗号鍵(感情)の種類によって異なる平文に復号されてしまう暗号のようだねぇ。

|

« UFOを見た | トップページ | 『SF魂』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« UFOを見た | トップページ | 『SF魂』を読んだ »