« コングをなくした | トップページ | 『銀河ヒッチハイク・ガイド』を観た »

2007/05/28

本の評価

積んである本がたくさんあるので、ヒマがあれば読んでいる。
この週末かけて、
爆笑問題の日本史原論 偉人編
Q&A
などを読んだ。

つい、本棚にあった『PLUTO 4』や『カタリベ』を読んでしまったりもする。

読んだ感想や気に入った文章を科学的逍遙の「本」に書いているが、もう一つ、評価をハッキリ書いたほうがよいかなぁ、などと思った。

それは、「もう一度読みたくなるかどうか」である。

「本棚に保管」か「売りに行く」か……。

かつて、祖父にその判断基準として
「1行でも気に入った文章、気になる文章があったらとっておきなさい」
と言われた。

しかし、気に入った文章があっても、それさえ抜き出してしまえば「あとはいいや」というような本もあるかもねぇ。

|

« コングをなくした | トップページ | 『銀河ヒッチハイク・ガイド』を観た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コングをなくした | トップページ | 『銀河ヒッチハイク・ガイド』を観た »