« アタマの使い方が間違っていないか? | トップページ | 農大生の良識 »

2007/01/30

こんと夢

こんは夢を見るか

こんも夢を見ているようだ。

もちろん、こん自身が「私は夢を見ている」と言ったわけではない。
寝ているようすを見ていると、どうも夢を見ているように思えるのだ。

まぶたと鼻をぴくぴくさせ、まぶたの下で眼球が動いている。
手足を小刻みに動かし、小さな声で「くふっ」と吠えたりする。

REM睡眠の状態である。
夢の中で駆け回り、何かを追いかけているのだろうか。

REM睡眠

その名の通り、急速眼球運動 (Rapid Eye Movement) の見られる睡眠。
脳の活動は目覚めているときに似ている。
眼球以外の運動ニューロンの動きは抑えられている。
この状態で目覚めてしまうと睡眠麻痺、つまり「金縛り」の状態となる。
逆に、REM睡眠時に運動ニューロンが抑制されない場合、寝言、夜泣き、夢遊病となる。

こんは夢を嗅ぐか?

ヒトは他の感覚に比べ、視覚が優勢な動物である。
だから、「夢を見る」と言うのだ。
夢に見た光景を起きてからも覚えていて、あれはいったいどこなのだろうと思ったりする。

その一方、夢の中で音を聞き、味わったり匂いを嗅いだりすることもある。

……ということから考えて、寝ているイヌも様々な(仮想の)感覚を感じているはずだ。
すると、イヌは「夢を見る」のではなく、「夢を嗅ぐ」と言ったほうが的確なのではないだろうか。
イヌは視覚より嗅覚が優勢な動物なのだから。

さて、ワシがキーボードを叩いている今、こんは足元で丸くなり、眼を閉じて鼻をぴくつかせている。
いったいどんな夢を嗅いでいるのだろう?

|

« アタマの使い方が間違っていないか? | トップページ | 農大生の良識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アタマの使い方が間違っていないか? | トップページ | 農大生の良識 »