« 庭にラティスフェンスを作った | トップページ | 『しゃばけ』を読んだ »

2006/06/29

羽化したてとおぼしきナミアゲハ

ナミアゲハ夏型
昨日の朝、庭の隅のミョウガの葉に、ナミアゲハがとまっているのを見つけた。
たぶん、その朝に羽化したばかりなのだろう、羽には傷一つなかった。
夏型のナミアゲハは、なかなか黒々としている。

一方、庭のルー(ヘンルウダ)には、ナミアゲハの卵や、孵化したばかりの幼虫がいた。
しかし、幼虫を見たのは一昨日で、その後姿を見ない。
幼虫のいたあたりには、小さなカマキリの幼虫が2匹もいた。
カマキリって、アゲハの幼虫も食べてしまうのだろうか?
食べるのだとしたら、庭で見られる食物連鎖の一例となる。

さて、上の写真の背景に緑色の網目が見えるが、これは隣家の庭との間に張った網そのものである。
なぜ網が張ってあるのか、というと、こんが隣家へと侵入するのを防ぐためである。
副次的な効果として、ネコが庭に入ってこなくなった。
ときたま、どこからか入ってきて網にひっかかるマヌケなヤツもいるけどね。

|

« 庭にラティスフェンスを作った | トップページ | 『しゃばけ』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽化したてとおぼしきナミアゲハ:

« 庭にラティスフェンスを作った | トップページ | 『しゃばけ』を読んだ »