« サツキクルメツツジ咲く | トップページ | 『リングワールドの玉座』を読んだ »

2006/04/22

なぜイヌは寝る前に回るのか?

カーペットの上で眠るこんなぜイヌは寝る前に回るのだろう?
寝る前に、その場でぐるぐると何回か回ってから、座り込んで丸くなる。
そして後ろ足にあごを載せて眠ってしまう。

なぜ回るのか、その理由はよく判らない。
……誰か、研究しているのだろうか?
尖ったものなど危険なものがないか確認するとか、草を踏みしだいて寝やすくするとか、まぁそんなことではないかと思っている。

昔見たディズニーの短編アニメーションで、イヌのプルートゥが自分の寝床の上で、まぶたを垂らした眠そうな目をしてぐるぐる回るシーンがあった。
どんなイヌでも同じ行動をとるのなら、これは「本能行動」だ。
遺伝子に刻まれ、誰に教わることもなくとる行動。
何かしら生存に有利だから、こういう行動をとるのだろうが、回るイヌのほうが回らないイヌより生存に有利、なんだろうか、本当に?

こんが見せる本能行動の数々を見るにつけ、イヌとヒトの隔たりはどれくらいなのだろう、と思う。
もちろん、ヒトにも(限られているが)本能行動はあるし、イヌも知的な行動をとる。
こんは、その小さな頭でいったい何を考えているのだろう?

|

« サツキクルメツツジ咲く | トップページ | 『リングワールドの玉座』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜイヌは寝る前に回るのか?:

« サツキクルメツツジ咲く | トップページ | 『リングワールドの玉座』を読んだ »