« 生物季節:ヒガンバナ開花 | トップページ | サプリメントと雷を疑ってみた »

2005/09/26

お散歩カメラの条件

虹のカケラ昨日の夕方、散歩していたら、遠くの空に虹のカケラが見えた(送電線に引っかかっているみたいだったけどね)。
昨日のブログの記事にも書いたのだが、「お散歩カメラ」として使っている携帯電話SH901iCで撮った。
う~む。
やっぱり、このような微妙な写真は携帯電話では難しい。

そういえば、敬老の日(9月19日)に、富士五湖の西湖へ、恒例秋のディキャンプに出掛けたときも、もうちょい「使える」お散歩カメラが欲しいと思った。
というのは、カヌー(ファルトボート)で岸から漕ぎ出したとき、暗い湖底から水面に向かって伸びる、何本もの「らせん」が見えたからだ。
その「らせん」はトチカガミ科の水草、セキショウモの花茎なのだった。

カヌーに乗るのに、携帯電話を持ってはいられない。
ふだん植物や昆虫の撮影に使っている OLYMPUS E-20 も、もちろんカヌーには持ち込めない。
こういうときには、生活防水程度でいいから、水に濡れても平気な、ちゃんとしたマクロ機能の付いた小さなデジタルカメラが欲しくなる。

もちろん、電器店に行くたびに財布と相談して、諦めるのだけれど。

|

« 生物季節:ヒガンバナ開花 | トップページ | サプリメントと雷を疑ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お散歩カメラの条件:

« 生物季節:ヒガンバナ開花 | トップページ | サプリメントと雷を疑ってみた »