« 台風一過 | トップページ | 副腎皮質ホルモン剤に苦しむ »

2005/07/30

男の脳と女の脳

日経サイエンスの2005年8月号を読み終わらないうちに、9月号が発売されてしまった。
まぁ、いろいろあって、なかなか忙しかったのだ。

それはともかく、8月号の「やっぱり違う男の脳と女の脳」は面白かった。
ベルベットモンキーにおもちゃを与えたとき、オスはトラックを、メスは人形をいじる時間が長いという。
そういえばウチのムスメどもを育てるとき、とりたてて「女の子らしく」育てたつもりはなかったのだが、やはり人形などの女の子らしいおもちゃに興味が移っていったのだった。
科学的逍遙】にも書いたが、男女の脳は構造的・機能的に違うものなのだ。
もちろん「どちらが優れているか」という議論(というか主張)は無意味だ。

進化の過程で生じた男女の脳の差が、原初の人類の生活にどのように役立っていたのかにも興味があるが、現在の人類の生活にも、その差が影響しているのが面白い。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)や薬物依存、うつ病などの疾患や、向精神薬の影響についても、男女差があるということだ。
つまり、治療法や投与する薬物の量を、男女で区別する必要があるらしい。

よく言われることだが、男の脳は空間認識に優れているため、幾何学や地図の読図が得意だ(群れを離れて狩りをして、また帰ってくるには重要な能力だ)。
女の脳は言語を操る能力や、共感する能力に優れている(群れを実質的に、民主的に支配するのには重要な能力だ)。
また、モノの配置やパターンを見出し、記憶する能力は女性のほうが優れていると思う。
それについて思い出すのは、アシモフの『黒後家蜘蛛の会』に出てくるルービンの奥さんの「牛」に関するエピソードだ。
ミステリ作家ルービンの奥さんの趣味は牛のマスコットやアクセサリを集めることで、家中が牛だらけなのだそうだ。
そして、その牛の配置が少しでも変わると、奥さんはそのことに気付いてしまうのである。

|

« 台風一過 | トップページ | 副腎皮質ホルモン剤に苦しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の脳と女の脳:

« 台風一過 | トップページ | 副腎皮質ホルモン剤に苦しむ »