« 横浜にて | トップページ | ハエトリグモ登場 »

2005/03/25

miniSDメモリカードを買った

携帯電話のデータのバックアップ、およびPCのデータのやり取りのため、128MBのminiSDメモリカードを買った。
128MBもの容量をもつ記憶媒体が、親指の爪(サムネイル)ほどの大きさになってしまったことに、まず驚いた。

次に驚いたのは、その値段だ。
わずか4000円足らずだから、1MB単価は30円程度である。

思えば一昔半前、初めて20MBの外付けハードディスクを14万円で買ったとき、
「ついに1MB 1万円を切った!」
と画期的に思えたものだった。

なんてこったい。

ちなみに、ロバート・A・ハインラインのSF『月は無慈悲な夜の女王』に登場するマイクこと「マイクロフト」ホームズ4思考計算機は、秘密の記憶領域として10の8乗ビットを確保するのだが、これをメガバイトに換算してみたことがある
結果は、たったの12MB……。

ワシらが日常手にしている小さな機械は、マイクを凌駕する記憶を持つのに、思考能力のないバカなのだ。
そして、そのバカの代わりに考えなければならないワシらは、いったいその大量の記憶(記録)をいったいどうしたらいいのだろう?

|

« 横浜にて | トップページ | ハエトリグモ登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: miniSDメモリカードを買った:

« 横浜にて | トップページ | ハエトリグモ登場 »