« 風の音 | トップページ | ときならぬ新緑 »

2004/09/22

それでも地球は回っているか?

asahi.comのニュースから。
小学生の4割「太陽が地球を回ってる」 国立天文台調査

もちろん、指導要領悪い。
何年間か、小・中学生向けの塾の教材やCAI教材を作ったことがある。
その間に指導要領改訂があり、理科で教える範囲はどんどん狭まっていった。

宇宙に関しては、かつて中学で銀河系における太陽系の位置まで教えていた(昭和33年の学習指導要領)。
しかし、現在では、中学で教えられる天体は、太陽系内に限られる。
恒星は、天球上の点光源という扱いなのだ。
宇宙の奥行きもへったくれもない。

理科だけでなく社会も、どんどん「身の回り」に縮こまっている。
もちろん、身近な現象を導入に使うことは必要だ。
しかし、その身近な現象の向こうには、はるかな知の地平線が広がっていることも知るべきだ。

文部科学省は、「ゆとりの教育」と称しながら、学ぶ範囲を狭めようとしているのだろうか?
そして、自国の歴史(しかも、都合のよい歴史)しか学ばない連中が国家の指導的立場に立ったりするわけか?(ちと脱線)
読み書きはできるが思考力のない国民というやつは、労働力としても兵力としても都合がよいからだろうか、などと勘ぐりたくもなる。

それはさておき、先ほど、「指導要領悪い」と書いた。
教育とは、「教科書を教える」ことではなく、「教科書で教える」ものだと言われる。
したがって、学校教育悪い(「ゆとりの教育」のせいで忙しいので、教員が悪いとは言いにくいが)。
さらに、教育の場は学校だけはない。
家庭でも教育が行われるべきだ(夕日が西の地平線または水平線に沈んでいくのを見せるとか、ね)。
したがって、家庭悪い。

そして、地球の3Dアニメーションを反対向きに自転させてしまっているようなマスコミは論外だ。

まったく、憂国のタメイキが出るぞ。

|

« 風の音 | トップページ | ときならぬ新緑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも地球は回っているか?:

« 風の音 | トップページ | ときならぬ新緑 »