« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/30

生物と方位

今の家(中古)を買うときに、もちろん、方位とか家相とかは一切考えなかった。
占いの類は信じたい人は信じればよいと思うが、ワシは信じないのだ。
ネットサーフィンしてみると、風水と気学でケンカしていたり、流派で異なる結果になったりするのが面白い。
ただし、その理論的根拠が私にはサッパリ判らない。

それはともかく、生物が方位の影響を受けるのは確かだ。
今年育てたワタは、微妙な(1メートル未満の)プランターの置き位置で、結実率がまったく違った。
東の隣家と、西のウチの間の駐車場にプランターを並べたので、北側のプランターのワタほど日照時間が少なかったのだ。
そりゃあ方位じゃなくて日当たりの問題だろ、というツッコミは無視。微気候(microclimate)の問題だから、方位と密接に関係するのだ(畑の畝を立てる方位と霜柱の関係のように)。
この場合の方位とは、太陽を基準とした方位、つまり地球の自転軸に基づく方位だから、「北」は北極だ。

一方、生物は地磁気を感知する。
ヒトではどうだか知らないが、渡り鳥には地磁気に基づくナビゲーション・システムが搭載されているらしい(太陽の偏光も使うらしい)。
バクテリアの中には、とにかく「北」に向かって進むという「走磁性」を持つものがいるという。
北半球では、磁北は「斜め下」方向になる。日本付近では、水平から60度下向きだ(伏角60°)。
嫌気性バクテリアは北に向かうことで、結果的に泥水の中の深いほうへと進むことになり、好きな環境(苦手な酸素が少ないところ)に留まることができるわけだ。

さて、磁極を基準とした方位では、このように「北」の意味が違ってくる(磁北という)。
そしてもちろん、自転軸を基準とした方位の「北」と、「磁北」とでは、ずれている。
ずれの程度は場所により異なるが、本州中央部では西に7度ほどだ(西偏7°)。

さてさて、風水でも家相でも何でもよいのだが、そういうのでいう「方位」というのは、西偏とか伏角とかも考えるのだろうか?

【参考】国土地理院の地磁気計算のページ
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/magnet/calcframe.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/26

ときならぬ新緑

先日来の台風の襲来で、庭のカツラの葉が傷み、半分がた落ちてしまった。
海岸から数キロ離れているにもかかわらず、潮風が吹きつけたためらしい。

ところが、2~3日前から、新芽が展開して、ときならぬ新緑状態になってしまったのだ。
ちょうど、「殺虫剤 vs 塩 vs 酢」に載せた5月の写真(下)のような具合になっている。
p1534ss.jpg

葉が落ちたことと、朝晩急に冷えたり、日中気温が上がったりしたので、春が来たと勘違いしたのだろうか。
まぁ、そういうことは時折あるらしいが、心配事が二つ。

(1)カツラは黄葉がきれいだと言うが、去年も台風のために散ってしまい、見られなかった。
今年は見られるのだろうか?

(2)先日芽吹いた「新緑」の葉は、黄葉するのだろうか?

(3)いま芽吹いちゃって、来春のための休眠芽はちゃんと用意できるのだろうか?

……心配事は三つだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/22

それでも地球は回っているか?

asahi.comのニュースから。
小学生の4割「太陽が地球を回ってる」 国立天文台調査

もちろん、指導要領悪い。
何年間か、小・中学生向けの塾の教材やCAI教材を作ったことがある。
その間に指導要領改訂があり、理科で教える範囲はどんどん狭まっていった。

宇宙に関しては、かつて中学で銀河系における太陽系の位置まで教えていた(昭和33年の学習指導要領)。
しかし、現在では、中学で教えられる天体は、太陽系内に限られる。
恒星は、天球上の点光源という扱いなのだ。
宇宙の奥行きもへったくれもない。

理科だけでなく社会も、どんどん「身の回り」に縮こまっている。
もちろん、身近な現象を導入に使うことは必要だ。
しかし、その身近な現象の向こうには、はるかな知の地平線が広がっていることも知るべきだ。

文部科学省は、「ゆとりの教育」と称しながら、学ぶ範囲を狭めようとしているのだろうか?
そして、自国の歴史(しかも、都合のよい歴史)しか学ばない連中が国家の指導的立場に立ったりするわけか?(ちと脱線)
読み書きはできるが思考力のない国民というやつは、労働力としても兵力としても都合がよいからだろうか、などと勘ぐりたくもなる。

それはさておき、先ほど、「指導要領悪い」と書いた。
教育とは、「教科書を教える」ことではなく、「教科書で教える」ものだと言われる。
したがって、学校教育悪い(「ゆとりの教育」のせいで忙しいので、教員が悪いとは言いにくいが)。
さらに、教育の場は学校だけはない。
家庭でも教育が行われるべきだ(夕日が西の地平線または水平線に沈んでいくのを見せるとか、ね)。
したがって、家庭悪い。

そして、地球の3Dアニメーションを反対向きに自転させてしまっているようなマスコミは論外だ。

まったく、憂国のタメイキが出るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/21

風の音

例年9月には富士五湖の西湖でキャンプ、と決めているのだが、ここ数年、上のムスメが中学の部活で忙しかったりして、なかなか泊りで行けない。
昨日は、下のムスメとデイ・キャンプとなった。

西湖が好きなのは、水がキレイなことはもちろん、水上でエンジン音がしないことだ。
この点が隣の河口湖とは違う。
ウェイクボードや釣りのモーターボート、ウェットバイクなどが轟音と波をもたらすことがない。

カヤックで湖面を進むとき、聞こえる人工的な音は、湖岸の道路を行く車の音と、近くを通り過ぎるウィンドサーフィンの帆のばたつく音くらいだ。

それ以外は、鳥の声、魚の跳ねる音、子どもたちの歓声。

いや、風の音がする。
岸から遠ざかり、木々の葉のざわめきが聞こえなくなっても、風の音がする。
昨日は時折強い風が吹き、波頭が立っていた。
その波頭が砕けるときの小さな音も、風がもたらす音だ。

それは水の音で、風の音ではないだろうって?
考えてみれば、風そのものが音を発することはない。
風は、他の「もの」と作用することによって、音をつくるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/14

アゲハの卵

猫除けのために庭に植えたルー(ヘンルウダ)に、アゲハが卵を生んでいた。
ルーはミカン科だから、ナミアゲハやクロアゲハの食草になるのだ。
ポツンと生みつけられた卵からそれほど離れていない葉には、孵化して間もない、アゲハの幼虫がいた。
アゲハの幼虫は、小さいときにはみんな、鳥の糞に似ていて見分けがつかない。
幼虫の近くにはクモ(ハエトリグモの一種?)がいたが、食べれらないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/12

運動会

地域の運動会にかりだされ、午前中に三種目出場。午後にまだ一種目ある。
どちらかというと、こういう良い天気の日は、どこかの林にでも出掛けてのんびり昼寝でもしたいものだ。
こんな日は小旋風(小規模な竜巻)が発生する可能性がある。
テントが飛ばなければ、ちょっと面白いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/09

近自然学

日経PBで、『入門「近自然学」』が始まった。
ワシも以前から、環境保全は自然愛護と違う、人類の存続と快適な生活の維持のためだと主張してきたので、大変興味がある。
河川の氾濫などを防ぐための多自然型工法など、工事をする側にとっても持続的にメンテナンスの工賃が入るので、エコノミーとエコロジーが両立すると思うのだが、普及しないのはなぜだろう?
ワシは、日本の超間接民主制が良くないのではないかと思っている(行政は民意を反映しているか?)。

入門「近自然学」』の著者、山脇正俊氏のサイトを見てみた。
人間の聴覚とオーディオ」を読んだ。
面白かった。
心地よいスピーカーシステムの設計にも、ヒトの進化の歴史を考える必要があるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/08

エイリアン2

NHK BS2で、先ほどまで『エイリアン2』をやっていた。
シリーズの中では最も「SF」になっているので、シリーズ中で唯一、DVDを買おうかなぁ、と思っている作品だ。

ところで、『エイリアン』でも『エイリアン2』でも、エンディングは主人公リプリーがコールド・スリープに入るところで、穏やかな音楽とともにエンディング・クレジットとなる。
今日気付いたのだが、『エイリアン2』のエンディングの音楽は、『2001年宇宙の旅』でも使われていた。

以下、昭和53年(1978年)リバイバル上映時の『2001年宇宙の旅』パンフレットから引用。

●映画音楽の構成
 この作品は既成の名曲、既存の名演奏のみによってBGMが構成されているという当時としては斬新な演出が行われ音楽ファンも十分楽しめる。
(中略)
(5)ボウマン船長らが宇宙船ディスカバリー号の中で運動や食事をしている船内生活の伴奏に、アラム・ハチャトリアン作曲『舞踏組曲・カヤーヌ』の《アダージオ》(ゲンナディー・ロジェストヴェンスキー指揮、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団演奏)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/05

Windows XP SP2 アップデート

個人的なセキュリティ対策と言うより、仕事で作成しているWebサイトが Windows XP SP2 でどのように見えるか調べる都合上、ウチのPCの Windows XP を SP2 にアップデートした。
いやはや、SP2 にアップデートしたときの問題点のチェックに午前中2時間を費やした。
Microsoft のサイトにある情報や、Web上の記事、PCメーカーのサイトや FTPツールの制作者のページなど、見なければならないところがたくさんあったからだ。

さらに午後になって、バックアップをとるのに1時間(CD-RWの初期化にも時間がかかったが……)。
そして、SP2のインストールに1時間。
現在、アレコレ検証中だが、はてさて、面倒なことである。
それもこれも、インターネットを悪用するヤツが悪い。

ところで、インストール中などにヒマなので、昨日買って来た講談社漫画文庫の「鉄腕アトム(5)」を読んでいた。
そこで知った驚愕の事実。
ヒゲオヤジの年齢は42歳だったのだ。
「ホットドッグ兵団の巻」(p.237ページ)で、「おじいちゃん」と呼ばれたヒゲオヤジが怒ってこう言うのだ。

「お おじいちゃんたあなんだい。 わしは若ハゲだが、こうみえても四十二歳と三か月と七日だぞ」

うへぇ~。
ヒゲオヤジはワシより年下だったのだ……。

ちなみに、鉄腕アトムを読もうと思ったのは、先日BSで見た映画『メトロポリス』に登場したロボット刑事をヒゲオヤジが「ペロ」と呼んでいたので、こりゃ「ホットドッグ兵団」の設定だと思い出したからなのだった。
30年以上前の記憶を呼び覚まされた訳だ。
やっぱりワシはもうジジイかな(少なくとも、オヤジではあるわな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »