« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004/06/22

夏だ……。

台風一過の朝、玄関先を羽化したてと思しきツマグロヒョウモン(♀)が舞っていた。

仕事に追われているうちに、気付いたら夏至を過ぎちゃっているではないか!

天気がイマイチのせいもあって、金星の太陽面通過も見なかったし……。

なんかツライぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/16

梅雨の中休み

梅雨の中休みとて、ウィークデイでは仕方がない。

昼休みに会社の近所の公園まで散歩して、田んぼの上を舞うツバメとイワツバメ(新幹線の橋梁に営巣)を眺めるくらい。
30分がんばって歩いてしまうと暑いので、木陰でウォッチングとかしないと。
今日はツバメと、ヤマモモの実を拾うムクドリの亜成鳥などを眺めたが、さて、明日は何を眺めるか。

梅雨の中休みなので、伸びた芝を刈った。
日曜日に刈り込み兼用ばさみで刈ったらものすごく疲れた(その上腰が痛くなった)ので、電動バリカンを買った。
今朝、朝食前の30分で、日曜に1時間かかって刈った面積の2倍刈れた。

電化することによる作業効率は4倍、ということか。
環境負荷はどれだけ増したかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/06

「まぼろしの滝」を見に行った

小6のムスメと愛鷹山の「つるべ落としの滝」を見に行った。
家からクルマで30分、水神社の手前の駐車場にクルマを駐めた。
そこからの~んびり歩いて1時間半、落差20メートルの「つるべ落としの滝」は、雨の少ない時期には消えてしまう「まぼろしの滝」だ。

入梅直前の晴れの日、新緑の山を歩くのは楽しかった。
ウグイスやホトトギス、オオルリ、ミソサザイなど、たくさんの鳥のさえずりも聞いた。
風も心地よく、水は冷たく、おいしかった。

「まぼろしの滝」を見るのは三度目だが、そこからさらに登ったことは一度しかない。
そのときは尾根筋へ出たものの、日没前に下山するため、すぐに引き返した。
位牌岳まで行けるらしいので、いずれ歩いてみたいと思っている。
家から見える山すべてに登る、という密かな野望を持っているのだ。

山から下りたとき、林道を少し歩かねばならないのが、ちょっとタルイ。
それでも、空を見上げたり、じつにさまざまな「緑」に染まった山の斜面を眺めたり、ノウサギを見たり、キイチゴを食べたり、それなりの楽しみはある。
近所の山に楽しいことがたくさんあると、わざわざ遠出して山に登るのが面倒になる。
「家から見える山すべてに登る」という野望の「最大の敵」はそんなところかも知れないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »