« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004/02/27

野生動物に餌をやるな

絶滅の回避といった緊急の場合を除いて、野生動物に餌をやってはいけない。
日光のサルは、面白がって餌を与えた観光客のせいで狂暴化した。
餌をやることによって、本来の生態(社会構造や行動)が失われたり変質する可能性もある。

で、野良猫に餌をやる、というのはどういうものなのだろうか?
野良猫が野生動物かどうかということについては議論の余地があるが、餌をもらうようになった動物を「家畜」と呼ぶことに異論はあるまい。
そして、家畜は人間社会のコントロール下に置くべきだ。

というわけで、野良猫に餌をやるのであれば、繁殖のコントロールをする義務が生じるのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/26

猫対策

近所に親子の猫が住みつき、さかった雄猫が寄ってきたりして、憂鬱である。
ゴミバケツや物置や車のタイヤに小便は掛けられるわ、花壇に糞をされるわで、実害も生じている。

ということで猫対策を少しずつ実施中。

とりあえず実行しているのが、次の方法。
■見掛けたら脅す(近所で餌をもらっているらしく、あまりびびらない)
■小便をして欲しくないところに食酢をスプレーする(古いシャボン玉液を混ぜてある。効果がすぐに薄れるのが難点)
■ハッカ脳を撒く(効果のほどは不明)

今後やろうと思っているのが、次の方法。
■市販の猫除けの粒剤を撒く(あまり臭くないものを探さないと……)
■枯れ枝を置く(この間、だいぶ捨てちゃった……)
■ウッドデッキの下に水糸を張る
■乾かしたコーヒー滓を撒く
■卵の殻を割って撒く
■CDをつるす(風が吹くとうるさそうだ)
■猫の嫌いなハーブをあちこちに植える

猫の嫌いなハーブには、ルー(ヘンルウダ)、レモングラス、チャイブなどがあるらしい。
キャットニップのようにマタタビのような効果のあるハーブもあるから、匂いの強いハーブならよい、というわけではないようだ。

ちなみに、ルーは珍しいミカン科のハーブ。
蛇足ながら、山道の脇などで見られるマツカゼソウは、日本産唯一のミカン科の草本。

どうしていつも脱線するかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/02/22

初スキー

昨日(2/21)、今シーズンの初スキーに行った。
1月から機会を狙っていたのだが、風邪を引いたり大風が吹いたりしたので、なかなか行けなかったのだ。

ウチから1時間足らずのところにある富士山中腹のスキー場は、暖かいのでゲレンデ周囲の雪は融け、ゲレンデの雪もザラメ状になっていた。

それなのに、首都圏や静岡県内各地からのスキー客で込んでいて、滑っている人よりリフト待ちの人のほうが多いのではないかというような感じだった。
初級コースはスキースクールや子供連れや(ワシも子供連れだけど)座っている時間のほうが長そうなボーダーやらが多くて滑りにくいし、リフトもスロー運行になっているので、やれやれ、せっかく来たのにつまらないなぁ、と思った。

そしてふと中・上級者コースに目をやると、スカスカで、リフト待ちも数分で済みそうな感じだった。
小5のムスメに、行ってみるかと聞くと、試してみたいと言う。
そこで、行ってみたところ、毎年家族旅行で楽しんでいる蓼科高原のゲレンデと大差ないではないか。

ということで、中・上級者コースを数本滑ったのだが、今度はガンガン滑って疲労困憊、膝も痛んでくる始末。
今日は上半身まで筋肉痛。
御歳100歳の三浦敬三さん(三浦雄一郎さんのご尊父)のおっしゃる「スキーは老人向きのものぐさなスポーツですから」なんて、とんでもない。
やっぱり日ごろから筋肉を鍛えておかないと、元気な老人にはなれないのだ、悟った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/19

劣化ウラン弾の補足

以前、【科学的逍遙】に劣化ウラン弾について書いた。

Wikipediaによれば、劣化ウランは約1,200℃で燃焼するという。

戦車の装甲を貫通した劣化ウラン弾は、装甲と激突したときの熱エネルギーで燃え上がるのだ。

いやはや、焼夷弾も兼ねていたわけか。

燃焼によって生じた酸化ウランを吸い込んでしまったときの化学毒性とか、体内に蓄積されたウランによる近距離被爆とか、まったく、後味の悪い兵器だよねぇ。

やっぱり、「地球にやさしい」竹槍がいちばん!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/02/16

プリンタ複合機を買った

昨年末、年賀状の印刷をしていたら、どうも真ん中へんがボケる。
4年以上使っているインクジェットプリンタ(HP DeskJet 895 cxi)なので、多少ガタが来たのだろう。

ということで、プリンタを買い換えることにした。
A4サイズのスキャナも欲しいし、コピーもあるといいね、ということで、複合機を買うことにした。

近所のパソコン販売店に行き、べらぼうに安かったので「在庫処分!」の HP PSC2510 を買った。
MacにDeskWriter をつなげていたとき以来、前面給紙の HP のプリンタが好きなので、またHPを選んだのだ。
快適に使えているのだが、一つ問題が生じた。

これまでは、メインのPCにパラレル(セントロニクス)接続でつないだプリンタを、共有プリンタとしてネットワーク経由で、家庭内すべてのPC(4台ある)から使えるようにしていた。

今度はUSB接続だから、その技が使えないようなのだ。
まぁ、何となればUSBだからつなぎ直せばよいのだけれど、Windows 95 マシンにはドライバが入らないだろうなぁ。

さて、御役御免となったインクジェットプリンタは、捨てるにはお金もかかるし、まだ動くので可哀相に思い、中古屋さんに持って行った。
結局、200円にしかならなかったが。
昨年末に、インク切れを警戒して買い込んでおいた未開封のインク(……数千円した)がちょっと哀しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/02/09

風邪引いた

風邪を引いてしまった。

お蔭で、土日の間にスキーに連れて行くという子供との約束はキャンセル。

しかしこの風邪、微熱(37.5℃止まり)+鼻水+咳という症状のほか、眠気+空腹+腰痛という症状が出たのは何故だろう?
(やたら眠いのはまぁ仕方ないとして、それに腰痛は持病だし、長時間寝ていれば腰が痛くなるのも当然として、寝ているだけなのに腹が減るのはどういうわけだ? 体内で何か妙なものが育っているとか??)

2002年の同じ時期に肺炎をやっているので、ちょっと怖い。
微熱と咳が1週間続いたら、内科に行こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »