2019/09/13

台風15号と『天災と国防』

日曜の夕方、風が強くなる中、ちょっとだけ庭の手入れをした。
いっしょに庭に出たはずの、こんが見当たらない。

Dsc_1904

カキの木の根元、コブナグサとブラックベリーの茂みの中にいた。
風が不快だったのだろうか。

Dsc_1905

その後、公園まで散歩に行ったから、風の中を歩くのは嫌いではないようだが。

さて、日曜深夜にウチの東方を抜けて行った台風15号は、関東地方に大きな被害をもたらした。
いまだに停電や断水で苦しんでいる方も多い。
千葉県にはしばらく住んでいたので土地勘があり、また知人もいるので心配である。

しかしまぁ、台風という「頻繁にやってくる自然災害」に対し、現代文明とはなんと脆弱なことか……などと考えていたら、寺田寅彦の『天災と国防』という随筆を思い出した。
そのことを書こうと思っていたら、天声人語に先を越された。

仕方がない。
天声人語で触れていなかったところを指摘しよう。
青空文庫から引用する(「天災と国防 青空文庫」で検索すると即座に見られる)。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2509_9319.html

「戦争はぜひとも避けようと思えば人間の力で避けられなくはないであろうが、天災ばかりは科学の力でもその襲来を中止させるわけには行かない。(中略)それだから国家をおびやかす敵としてこれほど恐ろしい敵はないはずである。」

あぁそれなのに。
マスコミはニュース速報で「憲法改定が悲願」とか言う内閣改造を伝え、台風被害は後回しだ。

「憲法を変えて戦争のできる普通の国に」なんて言う政府は要らない。
気象現象が極端になり、大震災や大規模火山噴火も心配される昨今、災害への備えが充分で、即座に対応ができる社会・体制が欲しいと思うのである。

| | コメント (0)

2019/09/04

ツマグロヒョウモンの幼虫に(ちょっとだけ)気を遣う

20190904075447_p

ウチの犬走りと駐車場のコンクリートの隙間には、タチツボスミレやカタバミが生えている。

スミレ類はツマグロヒョウモンの食草である。

そこで夏の終わりになると、ツマグロヒョウモンの幼虫がタチツボスミレを食い尽くし、蛹になる場所を求めて移動する。

スミレの葉がなくなるので、急に幼虫が目立つようになり、ギョッとする。

ツマグロヒョウモンの幼虫は、写真の通り派手な、というか毒々しい見た目をしている。

ただし、この見た目はこけおどしの偽装(擬態)である。

トゲトゲに覆われ、赤いラインが入っているのは、天敵の鳥に対して「怖いぞ不味いぞ」とアピールしているのだろう。

ちなみにツマグロヒョウモンの成虫のメスも、不味いカバマダラに擬態している。親子揃ってハッタリで生きているのである。

その幼虫の、いかにも毒がありそうなトゲトゲは、じつはゴムのように柔らかく、痛いどころか気持ちのよい手触りである。

そこで、駐車場のコンクリートの上を、車のほうに移動している幼虫は、踏んだら嫌なのでつまみ上げて、床下や物置のあたりに移してやるのである。

こんなふうに気を使っても、どうしても踏んでしまうことがある。

天敵に食われるリスクは遺伝子に織り込みずみだろうが、車に踏まれて死ぬリスクは、想定外だろうなぁ。

| | コメント (0)

2019/08/27

このごろの休日の過ごし方

土曜日、晴れ。

午前7時起床、朝の散歩の後、朝食。

部屋と風呂を掃除して、買い物(その間に上のムスメを駅まで送ったり)。

こんはその間、じっと我慢。

Dsc_1893

昼食後、1時間ほど昼寝。

駐車場が日陰になるまで、下のムスメが買った漫画を読んだ。

洗車をしようと立ち上がると、こんは外へ連れて行ってもらえると思って騒ぎ出す。

玄関先のポストの支柱にリードをつないで、その横で洗車を開始。

1台目を洗車している間に、こんは飽きて庭へ。

3台の洗車を終えるころ、午後5時のチャイムが鳴った。

日も傾いたので、散歩に出かける。こんは大喜び。公園を一回り。

カミさんと夕食を作り、ノンアルコールビールを飲んで風呂に入り、寝た。

日曜日、晴れ。

午前7時起床、朝の散歩の後、朝食。

部屋と風呂を掃除。気になった排水口の蓋を集中的に掃除。

こんはその間、じっと我慢。

昼食後、1時間ほど昼寝。

午後4時、庭が日陰になったころを見計らって、草取り。こんも一緒に庭に出る。

伸びすぎたリュウキュウアサガオのツルを切り、メヒシバやエノコログサを抜く。

蚊取り線香を焚いたのに、蚊に食われる。こんが腹をなでてというので、手袋を外したら、その手を食われる。

午後5時のチャイムが鳴ったのを機に草取りを切り上げ、こんと散歩に出かける。

公園を越え、どんどん山のほうへ行こうとするので、途中で引き返す。それでも1万歩を超える。

こんはいったい何万歩あるいたことになるだろう? 14歳になるのにえらく元気だ。

夕食を食べて風呂に入り、寝た。

休日は夕方に散歩に出かけるので、夜に出かける必要がなくて、ちょっと楽だ。

| | コメント (0)

2019/08/21

ドコモからの通知がウソくさかった

Screenmemo_20190821082213

ドコモから「ソフトウェアアップデート」の通知が来たのだが、何とも胡散臭い感じがして、本物か?と疑ってしまった。

じつは本物だったのだが、なぜウソくさいと思ったのだろう。

OSの更新という重要な通知なのに、文字色をアレコレ変えたり、絵文字を使っていたりして、軽い。

「イチオシ」の新機能が「バッテリー長持ち」って、そういう売り文句のマルウェアがあったよね……。

リンクじゃないのにアンダーラインを引いているし。

「ドコモの公式HP」というリンクがあるが、リンク先URLが書いてない。だいたい、HPはヒューレット・パッカードか馬力のことだろ?

まぁ、ワシの部下がこんな文書作ったら(いま部下はいないけど)、ネチネチ叱るだろうなぁ。

| | コメント (0)

2019/08/18

『消滅』を読んだ

カミさんに薦められて、恩田陸の『消滅』を読んだ。

超大型台風が接近し、閉鎖された国際空港の入管で、足止めされた11人の(普通の)人たちと、1匹の犬。

なぜかそこに混じって泣いていた若い女性が、ヒューマノイド・ロボットだった。

キャスリンと名乗るそのアンドロイド(女性型だからガイノイド?)が言うには、この中にテロリストがいる、そのテロリストを見つけ出し、「消滅」を阻止してほしい。

はたしてテロリストは誰なのか、期限である深夜0時までに明らかにできるのか、そしてテロリストの目的である「消滅」とは、いったい何を消滅させるというのか?

というような風にあらすじを書くと、なんかすごいサスペンスみたいだが、実際にはユーモアにあふれたSFである。

人物描写や、それぞれの視点から見た他の人の言動の描写が巧みで、一気に読んだ。

マレーシアから帰国して早く肉ワンタン麺を食べたいのに足止めされてしまうエンジニアとか、なぜだかいつも怪しい人物と想われてしまう編集者とかには、同情を禁じ得なかった。
それはさておき、SFとしては、これはどうだろうと思った点があるので、指摘しておきたい。

以下、ネタバレを含むので結末を知りたくない人は読んではいけない。

SFは、大きく分けると2種類になる(細かく分けると切りがない)。

一つは、サイエンス・フィクションつまり空想科学小説で、とくにハードSFは(現実に存在するものか空想的なものかは問わず)科学技術が核心にあり、それを抜いたり、別のもの(魔法とかそういったファンタジックなもの)に置き換えると、小説が成立しなくなる。

クラークやアシモフ、ベンフォードやイーガンのSFは、サイエンス・フィクションだ。

もう一つはスペキュレイティヴ・フィクションと呼ばれ、思弁小説・思索小説などと訳される。

「もしも……だったら、……はどうなる?」を突き詰めたもので、いわゆるSF的な小道具(ロボットとか宇宙船とか)は、あくまでも脇役である。

エリスンやディック、ゼラズニイに優れた作品がある。

 

恩田陸のSFは(自身もあとがきに書いている通り)スペキュレイティヴ・フィクションである。

そのため、どちらかというとハードSF好きのワシは、おや、と思ってしまったのである。

好みの違いに由来する違和感の表明であって、批判というわけではないので、念のため。

 

キャスリンはどう見てもオーバーテクノロジーだよなぁ。

作中でも触れられていたが、実社会で運用されている、人間と見分けのつかないヒューマノイド・ロボットの存在は、ちょっとリアリティに欠ける。

 

あとは「消滅」を実現するツールであるところの量子コンピュータ。

市販の耳栓やデンタルフロスをソフトウェアだけで量子コンピュータ化するなんて、ドラえもん級の反則では?

 

最後に、耳栓があれば、デンタルフロスは要らないのでは、と思った。

みんなが耳栓型音声翻訳装置を付けていれば、それぞれ好きな言語で話しても、自国語として聞こえるのだから。

ちなみにこれは、ダグラス・アダムスのコメディSF『銀河ヒッチハイク・ガイド』に登場し、音声を食べて脳波を排出する寄生生物の使い方である。

耳に入れて使う、小さくて黄色い、魚に似たその生物の名は「バベル・フィッシュ」。

| | コメント (0)

«『フォッサマグナ』を読んだ