2019/06/20

『最初の接触』を読んだ

『伊藤典夫翻訳SF傑作選 最初の接触』(ハヤカワ文庫)を読んだ。
ラインスターの「最初の接触」ほか全7編はいずれも1950年代の宇宙テーマSFである。
宇宙へ進出した人類が、異星人やその文明、あるいは不可解な存在と出会う。
今も次々と発表される新しいSFでも繰り返し語られるテーマである。
ただし、さすがに1950年代の作品らしく、宇宙服の電源が超小型の原子炉だったりするのだ。
異星人との接触を描く物語は、相手の科学技術のレベルが地球人より上で、相手が攻撃的か指導的か、という座標軸で表されることが多い。
『スタートレック』のバルカン人は指導的、『宇宙戦争』の火星人や『インデペンデンス・デイ』の異星人は攻撃的、といった具合だ。
ラインスターの「最初の接触」の異星人は、地球人と同等の科学技術レベルで、攻撃的でも指導的でもない、という点で(おそらく当時は)ユニークである。
7編の中で、とくに印象に残ったのはアンダースンの「救いの手」だ。
『宇宙戦艦ヤマト』のガミラス人とイスカンダル人の戦争を地球人が終結させた、というような状況から始まる話である。
『宇宙戦艦ヤマト』と異なり、地球人のほうが科学技術が進歩している。
スコンタール人はガミラス人というより、『スタートレック』のクリンゴン人みたいだしね。
ともかく、科学技術に優れるソル(太陽系)連邦が、スコンタール人の戦後復興は手助けせず、イスカンダル人みたいに優美なクンダロア人にだけ救いの手をさし延べる。
……その後の展開は、『スタートレック』のアンチテーゼのようだ。
宇宙SFというより、現在の発展途上国支援のあり方を見ているようでもある。

作中でも言及されているように、歴史に学ぶことが本当に重要なのだなぁ、と考えさせられた。

| | コメント (0)

2019/06/16

高さ(角度)を知りたければ拳を突き出せ

Sketch1560691576007

| | コメント (0)

2019/06/15

雨宿りしていたダンゴムシを脅かす

Sketch1560589993216

梅雨に入ると散歩が面倒だ。雨具を着なくてはならないし、こんは濡れるし。

でもまぁ、いろいろ発見がある。昨日はウシガエルの声を聞いたが、昨年まではいなかったような気がする。

| | コメント (0)

2019/05/11

花咲く緑の野を抜けて林の中へ散歩

Dsc_1832

昨日(金曜日)、病院に行く都合があったので会社を休んだ。

よく晴れていたので、こんと一緒に1時間ほど散歩。

犬と散歩できるのに、病院へ行くとはどういうことか?

じつは血液検査の結果がいまいちなので、予防的な投薬治療を受けているのだ。

むしろ運動はどんどんしなければならないのである。

というわけで、愛鷹運動公園からその上の高台まで登った。

草の広場にはブタナやマツバウンランが咲いていた。

ヘビイチゴの実を摘んでいる年配の女性たちもいた。

どうやらヒノキの開花時期も過ぎたようで、くしゃみに見舞われることもなく、テルペンの香りを嗅ぎながら山道を登ることができた。

新緑の林の中の散歩はじつに爽快である。

もっと頻繁に出かけたいが、休日と天候の都合がうまく合わないと、爽快さを味わえないからなぁ。

| | コメント (0)

「令和最初」、「令和最初」ってうるせいわ

5月1日からこっち、TVを点けていると「令和最初」「令和最初」とうるさい。

まぁ、元号が改まったことを目出度いと思う人は思えばよいが、ジャーナリズムがそれでよいのか?

「新しい時代が来た」とかいうが、お仕着せの元号が変わっただけで、世の中は何も変わっていない。

モリカケも原発も、何もスッキリしていない。

ましてや、拉致問題や貿易摩擦などの国際問題は、日本の「新時代」とは無関係だ。

和暦と西暦の年号変換に要する人的リソースがもったいない、と思うだけなのだが。

| | コメント (0)

«『トコトンやさしい地質の本』を読んだ