2024/05/14

水とキノコとフォールアウト

先日の愛鷹山行の際、水を1.35リットル持って行った。
その内訳は、水道水が0.5リットル、スポーツ飲料(粉末を水道水で溶いたもの)が0.5リットル、熱湯(サーモスに入れたもの)が0.35リットルである。

8時間でほぼすべて飲み切ったのみならず、沢の水も結構飲んだ。
やはり汗をかく時期の山行には、1.5リットル以上の水が必要だなぁ……。

愛鷹山は火山なので、常時水の流れている沢は少なく、多くは伏流水になっている。
そこで、先日のように雨の後の晴天時は、沢の水を味わう良い機会なのだ。

ザックには、いつもシェラカップをぶら下げている。
そこで、良さそうな水場を見つけたら、ザックを下ろすことなく水をすくって飲むことができる。
これは熊よけを兼ねていて、歩行中は熊よけの鈴と一緒にチリンチリン、カランカランと音を立て、無用の遭遇を避けている。

Img_20240510_121549

つるべ落としの滝の上の沢で昼食にしたときに、持参した熱湯を使った。
ラーメンを作るためには0.5リットルの熱湯が必要だが、そのうち0.35リットルをサーモスで保温した湯を使って、湯を沸かす時間を短縮したのだ。
残りの0.15リットル(もちろん目分量である)は、眼の前の沢の水をシェラカップですくって加えた。

ちなみにラーメンはサッポロ一番塩ラーメンで、乾燥わかめをたっぷり加えた。
塩ラーメンは失敗がないのがよい(味噌ラーメンは薄いと不味い)。

Img_20240510_123222

さて、沢沿いから稜線へと登る登山道の脇に、アミガサタケが出ていた。

P5100877

アミガサタケはフランス語でモリーユ、英語でモレル、高級食材である。

作業手袋(Lサイズ)と比べるとわかるが、ほどよい大きさである。

P5100878

しかし、食べることはできない。

静岡県の『「野生きのこ」における放射性物質の検査について』によると、御殿場市内、小山町内、裾野市内、富士市内及び富士宮市内のキノコから基準値を超える放射性セシウムが検出されているとのことだ。

福島第一原子力発電所の事故に伴って放出された放射性降下物(フォールアウト)が、300キロ以上離れた静岡県まで到達しているのだ。

写真のアミガサタケが生えている地点は長泉町だが、稜線の向こうは裾野市である。
フォールアウトに市町の境界線は関係ない。
距離にして数パーセントなど誤差のうちだから、「隣町はダメだけどこの町ならOK」と言えるだろうか?

稜線のブナ・モミ混成林のあたりまで登ると、ブナの枯死木にサルノコシカケが生えていた。

P5100886

このキノコも食べられない。
裾野市との境界線上に生えているからではなく、木質で硬いからである。

福島第一原子力発電所の事故後の調査により、フォールアウトに含まれる放射性セシウムは森林の土壌に留まり続けることがわかった。
どうもキノコは金属元素を選択的に取り込むので高濃度になりがちらしいが、当然、沢の水にも検出不能な程度の微量の放射性物資がふくまれているだろう。

だが検出不能なレベルであれば、大した外を及ぼさずに人体を通過していってくれるのではないか、と、それを願って、儂は今後も沢の水を飲む。

愛鷹山の南西(つまり風上の)80キロには浜岡原子力発電所があり、そこは南海トラフ巨大地震の想定震源域である。
浜岡原子力発電所でメルトダウン事故が起これば、大量のフォールアウトが儂の親しんでいるフィールドを襲うだろう。

ホント、原発なんかクソ喰らえ、原発を再稼働しようなんていう連中に、沢の水を味わう喜びを奪われてなるものか、と思うのである。

……なんていうふうに思わず毒づいてしまったので、解毒のために、清冽な沢の水の動画をどうぞ。

| | コメント (0)

2024/05/11

愛鷹山系の沢から稜線へ

昨日(5月10日)、つるべ落としの滝から位牌岳〜愛鷹山の稜線に登り、先月訪れた一服峠から下山した。

登山口の水神社を発ったのは9時40分。
林道を歩いてつるべ落としの滝ハイキングコースの入口を通過したのが10時20分。

よく晴れた日で、(最初は)快適に桃沢川上流の沢沿いに登った。
沢の水量は多いように思ったのだが、千畳岩の上の流れはチョロチョロだった。

P5100856

池の平との分岐の小滝。
岩の表面にはイワタバコがへばりついている。

P5100864

つるべ落としの滝の下で沢を渡る。
こんはこの沢を渡ることができなくて、つるべ落としの滝まで行けなかったっけ。

P5100867

正午ちょっと前に、つるべ落としの滝に到着。

滝の水量が多く、大音量?のため、ここで昼食を摂ることは諦めた。
ときおりカラカラ、カチンと音がして、小石が落ちてきたりして落ち着かないしねぇ。

P5100872

つるべ落としの滝の上の沢で昼食。
例によって年代物のコッヘルとガスストーブでラーメンを作った。

このまま沢でまったり過ごして下山することも考えたが、ブナの新緑をまだ見ていないし、晴れて展望が良いだろうと思ったので、稜線まで登ることにした。
沢沿いだと、携帯キャリアも圏外だし、GPSも効かなくて現在位置もはっきりわからず、少々不安でもあったしね。

30分ほどの昼食休憩ののち、沢から離れて位牌岳のほうへと登る。
ここ数日の雨のためか、登山道が崩落していたり、太い枝が倒れかかっていたりしていて、常ならぬ足さばきを要求される。
まぁ足が上がらないこと。
トレッキングポールを頼りにヒィヒィ言いながら登った。

14時過ぎに源頭部に到着。

P5100883

さらに登って、14時半に稜線のブナ林に到着。

P5100888

ここからブナの巨木の間の踏み跡を辿って位牌岳のほうへと向かうが、愛鷹山との分岐点で南に折れる。

Img_20240510_143725

稜線の道は、風のせいか木々の丈が低いところもあり、明るくて気持ちが良い。

P5100892

ところどころ富士市方面の展望が開ける。
富士川や田子の浦港、その向こうの三保の松原のあたりまで、よく見えた。

P5100895pano

富士山とその前の越前岳もよく見えた。
緑が濃くなると、鋸岳の岩峰が目立たない。

P5100901

ちょうどツツジが満開で、ブナの新緑とのコントラストが鮮やかだった。

P5100902

ミツバツツジかなと思ったが、アシタカツツジだろうか。

P5100903

15時過ぎに一服峠に着く予定だったが、道標を見逃して袴腰岳まで行ってしまい、折り返してくるのに40分ロスした。
そのため、一服峠から下山を開始したのは15時50分。

前回と同じルートで下山し、17時に林道に着いた。
先日献血したときにもらったチョコボールを食べながら林道をだらだらと歩いて、17時40分に水神社に到着。

ちょっと沢で昼食を摂って、ブナの新緑が見られればいいなぁと思っただけなのに、なんと8時間に及ぶ山行になってしまったのだった。

| | コメント (0)

2024/05/08

なんちゃって10回目の献血

カミさんと献血してきた。

10回目ということで、記念品をもらった。

Img_20240508_164322

10回記念として、塗箸と今治タオルとカトラリー(フォークとスプーン)の三種類の中から選んでほしいとのことだったので、タオルを選んだ。

ほかに、Web予約したのでチョコボールとか、ボールペンとかジップロックの容器(すぐに使おうと思って箱は捨てちゃった)ももらった。

じつは、儂の献血回数は10回ではない。

たぶん30回を超えているのだが、古い献血手帳が失効しただか紛失しただか、とにかくなくなったので、今のカードになってから10回なのだ。

まぁ、回数を競ったり記念品をもらったりするのが目的ではなく、短時間でできる社会貢献と考えて、献血をしている。

もちろん、健康でなければできないボランティアである。

実際、1月には血圧が高過ぎてできなかった

今回は家を出る前に水を飲んだりして備えたのが良かったのか……。

今後も健康を維持し、体調を整えて献血できる状態を保ちたいもんである。

献血可能な年齢の上限は69歳だから、あと3年ちょっとしかないしね。

| | コメント (0)

2024/04/20

一服峠・袴腰岳往復(愛鷹山〜位牌岳稜線)

4月19日(金)、気になっていた一服(いっぷく)峠と袴腰(はかまこし)岳に登った。
昨年11月に愛鷹山に登ったとき、位牌岳への稜線のブナ林が気持ちよさそうだなぁと思ったのだ。

結果、ブナ林の稜線散歩も良かったが、富士山の眺めもなかなかのものだった。
ただし、登り降りがけっこうキツかった。

P4190837

一服峠からの眺めについては、また後で書く。

袴腰岳は門池公園のあたりからも愛鷹山の向こうにちらりと見える。
愛鷹山から位牌岳までの稜線は、池の平展望公園からよく見える。
袴腰岳と一服峠はちょっとわかりにくいが。

Sketch1713606361517

さて、家を出るのが少し遅くなって、水神社の駐車場に車を駐めて、林道を歩き始めたのが10時20分頃。

ヤマザクラは満開から散り始めの時期で、木々が芽吹き始めていた。

P4190826

11時15分、一服峠への登り口に到着。
これまで3回素通りしたハシゴを登る。

Img_20240419_111424

しばらく伐開地の間の尾根道を登る。
やがて大きく崩壊した斜面の上に出る。
山道の幅は靴の幅しかない。

Img_20240419_113751

足元は危ういが、ここからの眺望は良い。

遠く箱根や三島の町並みの手前に、池の平展望公園から位牌岳に至る稜線が見える。

Img_20240419_114100pano

崩壊地から少し登るとブナ林に入る。
標高は1000mくらいだ。

ここで昼食にした。
今回はカップラーメンではなく、熱湯を入れるだけのノンカップ麺である。
湯を沸かしたコッヘルにノンカップ麺を入れて3分待つと、アルミのコッヘルが放熱するため少し冷めてしまう。
普通に袋麺を作ったほうがよいかもね。

Img_20240419_121817

崩壊地のあたりにもシカの足跡やヌタ場があったが、このあたりはシカの気配が濃い。

緑色の濃い亜高木は馬酔木(アセビ)、低木は深山樒(ミヤマシキミ)が目立った。
どちらも有毒植物で、シカが忌避する。

P4190836

一服峠までの登路はけっこう長く、崩壊地の上部から1時間超かかる。

けもの道と登山道が紛らわしいところもあって、なかなか道のりがはかどらないが、ブナ林の雰囲気はよい。

Img_20240419_130139

枯死したブナの巨木もあり、超巨大なサルノコシカケ(硬質のキノコ)が生えている株もあった。
こうなると猿の腰掛というより天狗の腰掛けである。

Img_20240419_131257

南北に伸びる稜線上の一服峠には、東側のブナ林の斜面から到達する。
西側は位牌岳の爆裂火口につながる急斜面なので、足元から急激に落ち込んでいる。

Img_20240419_133748

一服峠からは、越前岳越しに富士山が見えた。
ウチのあたりから見るよりもはるかに大きく見えるので、ちょっとびっくりした。

越前岳の手前には、鋸岳の岩峰の連なりが見える。
いったいどうやって縦走すればよいのか、見当がつかないような鋭い峰々だが、現在通行禁止となっている。

P4190838

一服峠からどのルートで水神社まで戻るか、ちょっと考えた。

位牌岳へ向かって行き、つるべ落としの滝のほうへ降りるか。

愛鷹山へ向かい、昨年11月のコースから降りるか。

登り始めが遅かったので、もう13時40分。
袴腰岳まで往復し、来た道を戻るのがよさそうだ。

一服峠から南へ20分、袴腰岳に到着。

Img_20240419_140837

一服峠と袴腰岳の間の稜線はアップダウンも比較的少なく、明るく開けたブナ林の中なので、大変気分がよい。

一服峠までの登りでバテていなければ、ヘラヘラ笑いながら走っていたかもしれない。

P4190843

ちょうど豆桜(マメザクラ、フジザクラ)が咲き始めたところで、稜線をわたる風に揺れていた。

P4190845

日が傾きかけ、風も冷たくなったかなと感じる15時に一服峠に戻り、だらだらと下る。
16時20分に林道まで降り、水神社に着いたのは17時になろうとするところだった。

| | コメント (0)

2024/04/17

冬鳥去り、夏鳥来たる

桜の花の終わりが近づき、門池公園の池の面から鴨など冬鳥の姿が消えた。

キンクロハジロやヒドリガモの姿はまったく見なくなったが、コガモはまだ池と川を行き来している。

次の動画は先週末(4月13日)に撮ったもの。
夕方になると夫婦単位で池から飛び立つ。

 

池から飛び立って、隣の渡戸川放水路に降り立ち、採餌する。
川面を花筏が流れていく。

 

池には、甲羅の差し渡しが6〜7cmくらいのモクズガニもいた。
このあたりでは「ズガニ」と呼び、味噌汁にするそうだ。

 

池の水面近くを燕が飛び交っていた。
これから次々と夏鳥が渡ってくるだろう。

| | コメント (0)

«次の災害がやってくる前に忘れてしまうバカ